フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 高田直芳『絵でみる キャッシュフローのしくみ』日本能率協会マネジメントセンター | トップページ | 小宮一慶『「1秒!」で財務諸表を読む方法【経済ニュース編】』東洋経済新報社 »

2014年3月27日 (木)

慎泰俊『正しい判断は、最初の3秒で決まる』朝日新聞出版

私のいた高校では先輩が後輩からお金を巻き上げる風習があった。

自分たちの代で新しい歴史をつくろう。

投資仮説とは、「その投資がなぜ成功すると思うのか」という問いに答える仮説だ。

フィッシャー・ブラックは、ゴールドマン・サックスで働く実務家だった。

マルクスとエンゲルスが話したように、重要なことは世界を解釈することではなく、変えることだ。

哲学者のバートランド・ラッセルは、仮説の形成は科学における最も難しい仕事で、非常に高い能力を要求するものであると説いた。

数学者のポアンカレは、帰納法こそが世界を前に進めるものと主張し、演繹的な論理だけに頼る思考の限界を述べた。

アイデアを生み出す際には、名詞・形容詞ではなく動詞で考えることの重要性が説かれることが多い。・・・・・何をするのかに思考の焦点を当てるのが重要とされている。

経営理念とは、言い換えるとその企業の「らしさ」である。

« 高田直芳『絵でみる キャッシュフローのしくみ』日本能率協会マネジメントセンター | トップページ | 小宮一慶『「1秒!」で財務諸表を読む方法【経済ニュース編】』東洋経済新報社 »

ビジネススキル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慎泰俊『正しい判断は、最初の3秒で決まる』朝日新聞出版:

« 高田直芳『絵でみる キャッシュフローのしくみ』日本能率協会マネジメントセンター | トップページ | 小宮一慶『「1秒!」で財務諸表を読む方法【経済ニュース編】』東洋経済新報社 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック