フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 小宮一慶『一番役立つ! ロジカルシンキング』PHPビジネス新書 | トップページ | 金賛汀『韓国併合百年と「在日」』新潮選書 »

2014年3月 4日 (火)

津田倫男『銀行員のキミョーな世界 なぜ行内事情をおしつけるのか?』中公新書ラクレ

銀行員は40代から片道切符の出向が始まる。

商社員と話すと「外国でのワイロ」は商売をする上での必要経費。

個人の生活なくして何の人生であろう。

住友銀行は昔から、「しわい」(ケチ)と言われていた。

バッジの紛失にはことのほか、銀行は神経質、シビアだったのだ。

反骨精神旺盛な人、権威に逆らいがちな人、実力勝負をしたい人は銀行に向かない。

銀行の仕事では「自分を差別化する」ことが難しい。

女性の多い職場(銀行もその一つ)では嘘はすぐに見抜かれる。女性は男性の虚偽や偽善に敏感だ。

もし貴方が一つの銀行で五人以上の行員と会い、彼らから「どの人も同じだ」という印象を受けたとすれば、その銀行には行かないほうがいい。

同じような顔をして、同じ調子でしゃべる銀行員ばかりの職場は危ない。

英語にしてもアジア人の英語は、フィリピン人のそれ、マレーシア人のそれ、インド人のそれでは異なる。

日常の中の発見のほうが身近でインパクトがある。

ブラジル以外のほとんどの中南米諸国の国語はスペイン語だ。

交差訓練(銀行用語で、お互いが相手の知らない仕事を教え合うこと)

ウォーレン・バフェットにしても、ヘマな投資をいくつも行っている。コカコーラなど大企業への投資以外は失敗事例が多い。

そもそも融資はNOから始まる、というのは銀行員のイロハのイ、である。

本業はあくまでも融資、そしてそれを支える預金と決済(為替)なのである。

一算合明・・・銀行の支店の勘定が一度の計算で合う。

本当に仕事のできる人は、どんな会社で働いても成果を残す。

« 小宮一慶『一番役立つ! ロジカルシンキング』PHPビジネス新書 | トップページ | 金賛汀『韓国併合百年と「在日」』新潮選書 »

ファイナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 小宮一慶『一番役立つ! ロジカルシンキング』PHPビジネス新書 | トップページ | 金賛汀『韓国併合百年と「在日」』新潮選書 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック