フォト
無料ブログはココログ

amazon

« イ・ヨンファン他『科学から規範へ』創栄出版 | トップページ | 本多勝一『殺される側の論理』朝日文庫 »

2014年3月16日 (日)

小谷野敦『日本人のための世界史入門』新潮新書

イデオロギーというのは、証明されていない議論という意味で、つまり冷静に事実を見つめることが出来ずに現れるものである。

歴史哲学というのはヘーゲルがまとめたもので、歴史法則主義として批判もされる。

ヘーゲルやスペンサーなどは、進歩史観である。

ヘーゲルをある意味で引き継いだアドルノとホルクハイマー・・・・・

大日本帝国憲法が作られた時に、日本を「帝国」とし、天皇を「エンペラー」としたのは、ドイツに倣ったからである。

西暦というのはキリスト教暦のことで、キリストが生まれた年を基準にしているが、実際には四年くらいずれている。

『一九〇〇年』という映画があるが、これは誤訳で、『一九〇〇年代』が正しく、つまり「二十世紀」という意味である。

太宰治の「走れメロス」は、古代ギリシアの伝説をシラーが詩にしたものを小説化したもの。

西洋がキリスト教を、日本が武士道徳を押しのけて近代化を達成した、そういう力が、朝鮮・中国には欠けていたと、言わざるを得ない。

日本で八月十五日を終戦の日と言っているのは、どうしようもない間違いである。終戦は千九五一年のサンフランシスコ講和条約の時で、八月十五日はポツダム宣言受諾を発表した日であり、せいぜいが敗戦の日である。

« イ・ヨンファン他『科学から規範へ』創栄出版 | トップページ | 本多勝一『殺される側の論理』朝日文庫 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/59297400

この記事へのトラックバック一覧です: 小谷野敦『日本人のための世界史入門』新潮新書:

« イ・ヨンファン他『科学から規範へ』創栄出版 | トップページ | 本多勝一『殺される側の論理』朝日文庫 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック