フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 鈴木謙介『サブカル・ニッポンの新自由主義-既得権批判が若者を追い込む』ちくま新書 | トップページ | 橋本之克『9割の人間は行動経済学のカモである』経済界 »

2014年3月 5日 (水)

大川豊『誰が新井将敬を殺したか』太田出版

新井将敬は奥さんと血で署名した手紙を交わしあっている。愛の告白には熱き血判状を交わしているのだ。芸人の端くれとしてそれぐらいの恋愛をしてみたいと思う。

大蔵官僚を見ればわかるように「日本の困難」に強くても「自分の困難」には弱い。

オレは、いつか新井将敬を総理大臣にすべきだ、そうすれば絶対韓国の態度は変わるって言い続けてきた。

在日韓国人だったことをカミングアウトしたくらいなら、借名口座のカミングアウトくらいできるだろう。

困るんだよ、エリートバカは。

小沢一郎も田中角栄に結婚させられている。

ヒラリーはあのニクソンの盗聴事件、ウォーターゲート事件のときにニクソンを辞任に追い込んだ弁護士チームだったから強いよ。

ファーストキッスを大切に考えていた男が、いきなりピンサロ嬢にキスされてショックを受ける。

神に言われているんならとことんやってくれよ。

羽田孜の奥さんは実はあの岡本理研、現在のオカモト、コンドームの会社の娘さんなんだ。

赤尾敏

バカをやらないと発想が貧困になる。日本は資源もなにもない国だから、今後は発想が命となるだろう。

« 鈴木謙介『サブカル・ニッポンの新自由主義-既得権批判が若者を追い込む』ちくま新書 | トップページ | 橋本之克『9割の人間は行動経済学のカモである』経済界 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/59241811

この記事へのトラックバック一覧です: 大川豊『誰が新井将敬を殺したか』太田出版:

« 鈴木謙介『サブカル・ニッポンの新自由主義-既得権批判が若者を追い込む』ちくま新書 | トップページ | 橋本之克『9割の人間は行動経済学のカモである』経済界 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック