フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 日本能率協会マネジメントセンター編『仕事が早くなる! 計画力&習慣力』日本能率協会マネジメントセンター | トップページ | 小宮一慶『一番役立つ! ロジカルシンキング』PHPビジネス新書 »

2014年3月 2日 (日)

菅原英雄『イチからはじめる 法人税実務の基礎』税務経理協会

法人税法は「法律」「政令」「省令」で構成されていますが、これらを補完するものとして「告示」があります。たとえば、全額損金算入が可能な指定寄附金の範囲は、財務大臣が指定することによって定まります。そしてこの指示は告示という形で公表されています。したがって、告示も法律と同様の効果があるといえます。

交際費等の損金不算入制度は、元はと言えば、「遊行飲食費を抑え、資本の増強を図る」というのが直接の趣旨であったところ、それに加えて、「企業倫理を高める」といった倫理面からの要請が、その後の制度の維持・強化に強く影響しているというのが実情ではないかと思います。

平成23年分のわが国の法人の約7割以上は欠損法人となっています。

« 日本能率協会マネジメントセンター編『仕事が早くなる! 計画力&習慣力』日本能率協会マネジメントセンター | トップページ | 小宮一慶『一番役立つ! ロジカルシンキング』PHPビジネス新書 »

法人税」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅原英雄『イチからはじめる 法人税実務の基礎』税務経理協会:

« 日本能率協会マネジメントセンター編『仕事が早くなる! 計画力&習慣力』日本能率協会マネジメントセンター | トップページ | 小宮一慶『一番役立つ! ロジカルシンキング』PHPビジネス新書 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック