フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 理念・ビジョン・戦略 | トップページ | 伊藤真『深く伝える技術』サンマーク出版 »

2014年3月 8日 (土)

小畠宏『新・戦略思考法 最善最強の戦略を自分で創る方法』東洋経済新報社

経営においても、政治の世界でも、同じ企業や政党が長期に渡って繁栄を維持し続けると、そこにはどうしても独断と保身、そしてあらゆるものの硬直化が起こります。

戦略だけに頼ろうとする企業にもまた明日はありません。

改革を行う力はリーダーシップであって、マネジメントではない(コッター)。

松下幸之助という人物は、決して固有知識の専門家ではなく、全体観に立った利用知識の活用家であった。

「水道哲学」は、天理教からの啓示的な意味合いも多分に含まれる。

市場/顧客ニーズ(企業外部)×技術/ビジネスシステム(企業内部)=ドメイン/製品

企業の全社戦略の中でドメインは位置付けされますが、その社内的な意義は以下の3つに集約されます。

  1. 今後、自社の持ち味として、どのようなコア・コンピタンス(核となる経営資源・能力)を集中的に蓄積するべきかを示す。
  2. 先を見越して時代の波に乗るためのポイントを示す。
  3. 多角化で複数事業に分散する企業に、全社としての一体感を与える。

問題+解決意志(意図的に問題を創り出す創造と挑戦の姿勢)=課題(戦略ギャップ)

「二番手商法」のまったく通用しない、先勝ちがひとり勝ちしてしまうデファクトスタンダードが支配するウインテル時代。

業とともに時という流れの変わり目、潮目のタイミングが不可欠です。

« 理念・ビジョン・戦略 | トップページ | 伊藤真『深く伝える技術』サンマーク出版 »

ビジネススキル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 理念・ビジョン・戦略 | トップページ | 伊藤真『深く伝える技術』サンマーク出版 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック