フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 石井淳蔵『寄り添う力 マーケティングをプラグマティズムの視点から』中央経済社 | トップページ | 斎藤美奈子『本の本 書評集1994-2007』筑摩書房 »

2014年4月 9日 (水)

石弘光『国家と財政 ある経済学者の回想』東洋経済新報社

フィスカル・ポリシーの研究から入った私自身

博士論文をビルトイン・スタビライザーでまとめた

日本租税研究協会の創設は、まさにシャウプ税制の副産物であった。

戦後日本においても、シャウプ税制は所得税を中核に据えて税制を発足させた。

ヘイグ=サイモンズの所得の定義による包括所得税

« 石井淳蔵『寄り添う力 マーケティングをプラグマティズムの視点から』中央経済社 | トップページ | 斎藤美奈子『本の本 書評集1994-2007』筑摩書房 »

経済学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石弘光『国家と財政 ある経済学者の回想』東洋経済新報社:

« 石井淳蔵『寄り添う力 マーケティングをプラグマティズムの視点から』中央経済社 | トップページ | 斎藤美奈子『本の本 書評集1994-2007』筑摩書房 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック