フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 大畑伊知郎『決算でわかる! いい会社、やばい会社は「ここ」で見抜く!』ダイヤモンド社 | トップページ | 色摩力夫『オルテガ 現代文明論の先駆者』中公新書 »

2014年4月17日 (木)

長山靖生『偽史冒険世界 カルト本の百年』ちくま文庫

「地震兵器」というのもSFファンなら誰でも知っているテスラの空想の産物だった。

あるがままの日本を否定し、「本当の日本」を求め続けてきたのが、近代の日本というものだった。

あきれたことに、近代日本は妄想の固まりだったのだ。

この本『成吉思汗ハ源義経也』は、日本がアジア大陸をかき乱していく近未来を予測し、というより、こうした来たるべき戦乱への賛美を掲げた、極めて政治的な書物だったのだ。

歴史は、思想なくしては書けない。史観がなければ、客観的な記録に留まってしまう。(塩野七生『わが友マキアヴェッリ』)

« 大畑伊知郎『決算でわかる! いい会社、やばい会社は「ここ」で見抜く!』ダイヤモンド社 | トップページ | 色摩力夫『オルテガ 現代文明論の先駆者』中公新書 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/59482175

この記事へのトラックバック一覧です: 長山靖生『偽史冒険世界 カルト本の百年』ちくま文庫:

« 大畑伊知郎『決算でわかる! いい会社、やばい会社は「ここ」で見抜く!』ダイヤモンド社 | トップページ | 色摩力夫『オルテガ 現代文明論の先駆者』中公新書 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック