フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 中川善之助他編『読書案内 法学』現代教養文庫 | トップページ | 琴坂将広『領域を超える経営学 グローバル経営の本質を「知の系譜」で読み解く』ダイヤモンド社 »

2014年5月 1日 (木)

小栗崇資『株式会社会計の基本構造』中央経済社

マルクスの『資本論』は、「資本」論であると同時にすぐれて「資本家」論でもある。

マルクスは『資本論』において、資本は最終的には最高度の発展の結果、株式会社形態へと至り、そこでは「所有と機能の分離」が極限に達することを明らかにしている。

マルクスの『資本論』は株式会社論でもある。

« 中川善之助他編『読書案内 法学』現代教養文庫 | トップページ | 琴坂将広『領域を超える経営学 グローバル経営の本質を「知の系譜」で読み解く』ダイヤモンド社 »

財務会計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小栗崇資『株式会社会計の基本構造』中央経済社:

« 中川善之助他編『読書案内 法学』現代教養文庫 | トップページ | 琴坂将広『領域を超える経営学 グローバル経営の本質を「知の系譜」で読み解く』ダイヤモンド社 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック