フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 榊原康『キレるソフトバンク』日経BP社 | トップページ | 伊藤真『現代語訳 日本国憲法』ちくま新書 »

2014年5月12日 (月)

吉越浩一郎『「社長」を狙うか、「社畜」で終わるか。』日本実業出版社

やる気と気力と体力をつけていないから。

自分自身でなく「自分の努力」に対して厳しくあれ。

仕事ができても、倫理観がなければ失格。

新規事業の場合は、最初に撤退のルールを決めたうえで参入する。

どんな小さな不正でも一度行なえば必ず失脚する。

« 榊原康『キレるソフトバンク』日経BP社 | トップページ | 伊藤真『現代語訳 日本国憲法』ちくま新書 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/59629686

この記事へのトラックバック一覧です: 吉越浩一郎『「社長」を狙うか、「社畜」で終わるか。』日本実業出版社:

« 榊原康『キレるソフトバンク』日経BP社 | トップページ | 伊藤真『現代語訳 日本国憲法』ちくま新書 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック