フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 苫野一徳『教育の力』講談社現代新書 | トップページ | 木田元『なにもかも小林秀雄に教わった』文藝春秋 »

2014年6月21日 (土)

野間秀樹編『韓国・朝鮮の知を読む』CUON

「独島問題」の年表とは日露戦争史の年表にほかならないこと、そしてその年表とは「閔妃暗殺」事件に始まり、日本による「独島領有化」を間にはさみながら「韓国併合」にいたるものであることを教えられたのである。

日本は「縮む」ときには、独創的ですばらしいが、「延び広がる」のは不向きで、破綻する。

日本は一流の三流国になることをめざせばいい(鶴見俊輔)。

韓国の知識人で存命の方のうち、最高の碩学といえる方を二人挙げるとすれば、李御寧(イオリョン)教授とキムウチャン教授を挙げたいところだが、・・・

韓国、日本、中国、この極東の三国には共通点がある。二十一世紀の後裔が愚かである、という点だ。

孫正義の寄付。「保険だな」(在日二世)

守中高明

« 苫野一徳『教育の力』講談社現代新書 | トップページ | 木田元『なにもかも小林秀雄に教わった』文藝春秋 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/59854380

この記事へのトラックバック一覧です: 野間秀樹編『韓国・朝鮮の知を読む』CUON:

« 苫野一徳『教育の力』講談社現代新書 | トップページ | 木田元『なにもかも小林秀雄に教わった』文藝春秋 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック