フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 井ノ上陽一『ひとり社長の経理の基本』ダイヤモンド社 | トップページ | 苫野一徳『教育の力』講談社現代新書 »

2014年6月21日 (土)

蓮實重彦『反=日本語論』ちくま文庫

ソシュールが、その『一般言語学講義』の冒頭で「言語学」の対象を「音声言語」に限った。

どの国の人間であれ、自分の外国語の力にどれほど自信があっても、外国語では意見を表明すべきでないという教訓である。

外国人であればこそ、書簡の相手の姓名はこの上ない正確さで書かれねばなるまい。

二度の戦争を通じて、決して戦闘に勝ったことのないフランスが、きまって戦勝国として講和会議のテーブルについている。

政治的な場におけるいわゆる「民主主義」とは、その途方もない殺戮を緩和させ、「排除」と「選別」を正当化する最も有効な戦略的代行制度であるにすぎない。

(アメリカは)スペインによって息の根をとめられ、イギリスによって圧しひしがれ、フランスによって救われたのだ。

旅行。それは十九世紀前半のフランス・ブルジョワジーが発見した最大の快楽の一つである。

ナポレオン三世の領土的野心や植民地拡大の夢を・・・

日本語による中国の書字の借用は、ヨーロッパ的精神にわかりやすい言葉で定義するのがむずかしい。

« 井ノ上陽一『ひとり社長の経理の基本』ダイヤモンド社 | トップページ | 苫野一徳『教育の力』講談社現代新書 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/59848363

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮實重彦『反=日本語論』ちくま文庫:

« 井ノ上陽一『ひとり社長の経理の基本』ダイヤモンド社 | トップページ | 苫野一徳『教育の力』講談社現代新書 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック