フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 樺山紘一編『新・現代歴史学の名著 普遍から多様へ』中公新書 | トップページ | 田中宏他編『日韓新たな始まりのための20章』岩波書店 »

2014年6月14日 (土)

清水義範『心を操る文章術』新潮新書

ある学者の学術書の序文だけを並べて、その学者の人生を書いたこともある。

古代ギリシアにはソポクレス、エウリピデス、アイスキュロスという三大悲劇作家がいて、喜劇作家としてはアリストパネス一人しかいない。

恐怖はつねに無知から発生する(エマーソン)。

スティーブン・キングがあの映画が気にいらないのは当然のことかもしれない。キングとしてはいつもの、思いがけない暴力の怖さを描いたのに、キューブリックはそれを、悪い夢の不気味さに変えてしまっているからだ。

« 樺山紘一編『新・現代歴史学の名著 普遍から多様へ』中公新書 | トップページ | 田中宏他編『日韓新たな始まりのための20章』岩波書店 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清水義範『心を操る文章術』新潮新書:

« 樺山紘一編『新・現代歴史学の名著 普遍から多様へ』中公新書 | トップページ | 田中宏他編『日韓新たな始まりのための20章』岩波書店 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック