フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 中島義道『人生を<半分>降りる 哲学的生き方のすすめ』ナカニシヤ出版 | トップページ | 三木清『読書と人生』講談社文芸文庫 »

2014年6月 7日 (土)

関根威『低成長時代に業績を伸ばす社長の条件』経営者新書

中小企業金融円滑化法で、銀行の返済条件を変更した会社(いわゆるリスケ)は、260万社のうち40万社に上ります。

今、日本中にある会社の中で、製造業の割合は9%程度しかありません。

高付加価値であるモノづくりの割合がどんどん減ってくれば、付加価値がつきませんから、給料や設備投資が上がっていく要素は見当たりません。

企業の成果、生存そのものは、努力の度合いよりも、努力の方向性で決まります。

「効率」はこちら側が決めることですが、「効果」はあちら側が決めることです。

一番大切なことは、一番大切なことを、一番大切にすること(スティーブン・R・コヴィー)。

私の事務所では、事業の機能を「中小企業の問題解決」と定義しています。

稲盛和夫さんは、昔自分の二重人格について相当悩んだそうです。

会計というのはまったく不思議なのですが、一番金額が大きくて、一番大切な売上高をひとくくりにしてしまって、支出として出ていくほうの費用を一生懸命細分化しています。

社長が押さえておくべき数字で一番大切なこと。社員一人当たりの生産性。

自己資本とは執行猶予。

銀行が、損益計算書の利益で真っ先に見るのは、営業利益です。

« 中島義道『人生を<半分>降りる 哲学的生き方のすすめ』ナカニシヤ出版 | トップページ | 三木清『読書と人生』講談社文芸文庫 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/59777217

この記事へのトラックバック一覧です: 関根威『低成長時代に業績を伸ばす社長の条件』経営者新書:

« 中島義道『人生を<半分>降りる 哲学的生き方のすすめ』ナカニシヤ出版 | トップページ | 三木清『読書と人生』講談社文芸文庫 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック