フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 本日の映画 | トップページ | 渡辺雅之『いじめ・レイシズムを乗り越える「道徳」教育』高文研 »

2014年7月 2日 (水)

入山章栄『世界の経営学者はいま何を考えているのか』英治出版

アメリカの経営学者はドラッカーを読まない。

ドラッカーの言葉は「名言ではあっても、科学ではない」

HBRはけっして経営学の「学術誌」ではありません。

HBRでは、経営学者が研究してきたその蓄積を、現実に応用しやすいようにわかりやすく組み直した「意思決定・企業分析のためのツール」が紹介されている。

理論分析から導かれた仮説が、世の多くの企業に一般的にあてはまるのか。

欧米のトップクラスのビジネススクールにいる教授のあいだでは、「理論→統計分析」という演繹的なアプローチで研究を進めることが主流になっているのです。

マクロ分野の経営学の主要な三つのディシプリン

  1. 経済学ディシプリン
  2. 認知心理学ディシプリン
  3. 社会学ディシプリン

企業とは何か、ついての四つの視点

  1. 効率性
  2. パワー(力)
  3. 経営資源
  4. 従業員の「アイデンティティ」

ポーターの競争戦略とは「競争しない戦略」のことである。なるべく競争の少ない産業を選び、ライバルよりもユニークなポジションをとれば、他者とガチンコで競争しないですむから、結果として安定した収益を得られる、すなわち持続的な競争優位が得られる、というのがその主張なのです。

戦略と業績のデータを見せられて、その戦略に経営効果があるという主張を聞かされたときには、内生性やモデレーティング効果を考慮しないことによる「見せかけの効果」を念頭においていたほうがよいということです。

2011年初頭に起きたアラブの民主化運動、いわゆる「アラブの春」では、不安定な政情下での一般市民の情報収集にフェイスブックが大いに役立ったと聞いています。

« 本日の映画 | トップページ | 渡辺雅之『いじめ・レイシズムを乗り越える「道徳」教育』高文研 »

経営戦略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/59917351

この記事へのトラックバック一覧です: 入山章栄『世界の経営学者はいま何を考えているのか』英治出版:

« 本日の映画 | トップページ | 渡辺雅之『いじめ・レイシズムを乗り越える「道徳」教育』高文研 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック