フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 小谷野敦『『こころ』は本当に名作か 正直者の名作案内』新潮新書 | トップページ | 林文子『失礼ながら、その売り方ではモノは売れません』亜紀書房 »

2014年7月14日 (月)

金達寿・司馬遼太郎他『日韓 理解への道』中公文庫

韓国にも諸葛という姓があるんですね。

中国は天下の中心として、いわゆる華夷思想と、きわめて図式的な考えとで他国を差別する。

カナ文化の方は女が使う文字だということで、平安時代に使われた。

稲荷神社と八幡神社。

自分は国籍は中国であって、日本文化の人間だ。・・・・・民族は煮詰めてしまえば暮らし-文化-にすぎない。

日本では、正方形とか長方形に切ってはめるわけね。韓国では、いろんな形をそのまま生かして造っていく。

私は、自虐的にものを言うのは、あまり好きでないんです。「日本はダメな国です」というよりは、日本の自慢をしたいぐらいなんです(司馬)。

欧米人は学問的に穴場を見つける名人。

韓国には同本同姓という、本貫が同じ者同士は結婚しないという決まりがあります。

大隈重信、日本は法家の国である。中国、朝鮮と日本とが違うのは、この一点であると書いています。

朱子学というのは、イデオロギー学であって、・・・・・

朝鮮では、王朝が変わるたびに色彩が変わる。

伊勢神宮や住吉大社は、神官がリード・・・・・

日本と中国、朝鮮との違いをあげますと、文字に対するアプローチが非常に違う。

レヴィ・ストロース、近世の歴史で二つの大きな事件。アメリカ大陸の発見と東アジア地域の発見。

日本が世界一の産業国になると予言したあのハーマン・カーン。

東アジア三国を長屋といったのは、大宅壮一。

日本という国は、明治維新を起こしたばかりの時に、陸軍を徳川幕府が採用していたフランス式からドイツ式に転換しました。

大久保利通は西洋の実情を見て、立ち遅れた日本の内的状況の変革から始めねばならない、・・・・・

北の悪口は結局、同じ民族であるわれわれ自身の悪口として戻ってくる。

日本に生まれ日本文化という風土の中で育った同胞は、北にも南にもなかなかなじみにくい。

タバコは日本から朝鮮半島に入り、・・・・・

韓国が産業社会への発達に遅れた原因は・・・・・こういう不合理な、うわべ飾りの体面尊重の気風であったと、だれもが考えている。

どのような差別であれ、偏見であれ、それには必ず「いわれ」があるのだから、・・・

学者、作家といわれる者にしても、広い意味でこれみなサービス業なのです。

韓国・朝鮮と中国についての特殊なことのひとつは、その地域を指す名称がない。

スペインもイタリアもイギリスも、あるいはモンゴルという名称も、本来、地域名である。

「日本」という名称も、国名であると同時に地域名でもある。

ある文化が韓国からきたとか来ないと言いあっているのは世界中で韓国人と日本人だけだ。

在日朝鮮人の欠点というのは、民族的なものではなく、むしろ逆に、へたに日本社会に調和しようとしたために、自己のもっていた民族文化をかえって薄くしか、もしくは変質させてしかそれを維持できなかったことによるものだと思っている。

« 小谷野敦『『こころ』は本当に名作か 正直者の名作案内』新潮新書 | トップページ | 林文子『失礼ながら、その売り方ではモノは売れません』亜紀書房 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金達寿・司馬遼太郎他『日韓 理解への道』中公文庫:

« 小谷野敦『『こころ』は本当に名作か 正直者の名作案内』新潮新書 | トップページ | 林文子『失礼ながら、その売り方ではモノは売れません』亜紀書房 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック