フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 高田直芳『「経営分析」入門』日本実業出版社 | トップページ | 文藝春秋編『青春の一冊』文春文庫 »

2014年7月 3日 (木)

山本茂『本の愉悦 わたしの雑読・乱読・必読』現代教養文庫

パンドラの箱に閉じこめられ、この世に飛び出さなかった唯一の〝悪〟は「予知能力」であった。人間はあす死ぬ運命であったとしても、何も知らなければきょうを希望を持って生きられる。だから、人間に希望が残された、という理屈になろう。

『シネ・シティー鳥瞰図』(池澤直樹)・・・『旅芸人の記録』

『モデラート・カンタービレ』

« 高田直芳『「経営分析」入門』日本実業出版社 | トップページ | 文藝春秋編『青春の一冊』文春文庫 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山本茂『本の愉悦 わたしの雑読・乱読・必読』現代教養文庫:

« 高田直芳『「経営分析」入門』日本実業出版社 | トップページ | 文藝春秋編『青春の一冊』文春文庫 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック