フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 朝日新聞学芸部編『一冊の本』雪華社 | トップページ | 森政稔『変貌する民主主義』ちくま新書 »

2014年7月24日 (木)

文藝春秋編『エッセイで楽しむ 日本の歴史 上』文春文庫

宇宙飛行士は、おしっこをすると、その袋を宇宙船の外へポイ捨てしているのだそうだ。

ご先祖さまたちが、盛大にごみを捨て続けてきてくれたからこそ、考古学という学問も成り立つのである。

『古事記』や『日本書紀』が記すこの時期の出来事の大部分は、のちにつくられた伝説だといってよい。

弥生時代の最大の謎は銅鐸である、といっても過言ではない。

「三種の神器」とは言うまでもなく皇位のしるしである。

藤原道長らがたよった陰陽師安倍清明。

日本人は、奈良を、正倉院を、シルクロードの終点と呼んでいる。

日本の精神文化界の巨峰を、私たちは遣唐使のリストのなかに見出すことができる。

自分の外から自分を見るような目を持つことが必要なのだ(世阿弥)。

世間の常識を超え、時代の秩序を無視して、まこと奔放に生きる者を称してバサラもの

親鸞

« 朝日新聞学芸部編『一冊の本』雪華社 | トップページ | 森政稔『変貌する民主主義』ちくま新書 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文藝春秋編『エッセイで楽しむ 日本の歴史 上』文春文庫:

« 朝日新聞学芸部編『一冊の本』雪華社 | トップページ | 森政稔『変貌する民主主義』ちくま新書 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック