フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 竹内謙礼『本気で売り上げを伸ばしたければ日経MJを読みなさい』日本経済新聞出版€社 | トップページ | 小宮一慶『増税社会を生き抜くたった1つの方法』KKベストセラーズ »

2014年7月16日 (水)

山本博文『日本史の一級資料』光文社新書

教科書などに書かれている歴史は、けっして固定された正しい歴史ではありません。あくまでも、現在発見されている史料をもとに、現在の歴史家たちが紡ぎ出した「歴史」に過ぎないのです。

一級とか二級とかいうのは、それを判断する者の主観に過ぎないのです。たとえば、歴史家の網野善彦氏は、偽文書の分析から優れた成果をあげています。いわば、それまで「二級史料」ですらなかったものを、卓越した史眼で息を吹き込み「一級史料」として活用したわけです。

歴史の感覚とは、ひと言で言えば、当時の人々の考え方や息づかいなどを肌で感じることです。

« 竹内謙礼『本気で売り上げを伸ばしたければ日経MJを読みなさい』日本経済新聞出版€社 | トップページ | 小宮一慶『増税社会を生き抜くたった1つの方法』KKベストセラーズ »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山本博文『日本史の一級資料』光文社新書:

« 竹内謙礼『本気で売り上げを伸ばしたければ日経MJを読みなさい』日本経済新聞出版€社 | トップページ | 小宮一慶『増税社会を生き抜くたった1つの方法』KKベストセラーズ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック