フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 竹内洋『大衆の幻像』中央公論新社 | トップページ | 唐沢俊一『僕はこんな奇妙な本を読んできた トンデモ怪書録』光文社 »

2014年9月18日 (木)

立花隆・佐藤優『ぼくらの頭脳の鍛え方 必読の教養書400冊』文藝春秋

アメリカの大学では文系、理系問わず、分子生物学が必修。

ソクラテスは話し言葉の世界の大家で、書き言葉を使うと人間はバカになると言っていた。

日本語を廃止して、フランス語を採用せよ(志賀直哉)。

明治維新のイデオロギーの一角を担った水戸学。

狂った政治思想はみなユートピア思想から生まれている。

実はヒューマニズムというのは危険な思想。

ナチスの全体主義も、プラトンの焼き直しで生まれた現実社会である。

パウロ自身は、イエスに会ったこともない。パウロが、頭の中で考え出した観念的な教義が現在のキリスト教のオーソドックスな教えの骨格になっています。

軍隊、官僚、国家は、名字しかない世界なんですね。

旧約は注釈があってはじめてわかる。

イスラム神秘主義を知らないとイスラムを知ったことにならない。

『資本論』には課税に関する記述がない。

実は神を信じていないドストエフスキー。

日本人は人食い人種である。『東方見聞録』

飛行機をちょっと見るだけで、その国の思想が見えてくる。科学技術には思想が表れるんですよね。

西南戦争で、薩摩軍に軍旗を奪われた。

ある観念が正しいかどうかは、それを現実化したときの結果によってのみ判定される。

戦前の日本の地理学は、ゲオポリティクスそのものだった。

ポルの小説とか犯罪心理学の専門書を読んで、妄想をもっている男たちがいるということを知っておく必要がある。

人間のダークサイドに関する情報が、現代の教養教育に決定的に欠けていますね。

プロレゴメナとは、ドイツ語で序文の意味。

共同通信と徳島新聞が社団法人であるのを除けば、他の新聞社は全て株式会社だ。

近代経済学という言葉は日本独自のもの。

戦争のように二つの国がかかわる事件の場合、同じ事件が他方の国から見るとどのように見えるかを知らないと、本当にわかったことにならない。

パース、プラグマティズムではいちばん知られていない人だが、実はいちばん重要な人。

« 竹内洋『大衆の幻像』中央公論新社 | トップページ | 唐沢俊一『僕はこんな奇妙な本を読んできた トンデモ怪書録』光文社 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/60337281

この記事へのトラックバック一覧です: 立花隆・佐藤優『ぼくらの頭脳の鍛え方 必読の教養書400冊』文藝春秋:

« 竹内洋『大衆の幻像』中央公論新社 | トップページ | 唐沢俊一『僕はこんな奇妙な本を読んできた トンデモ怪書録』光文社 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック