フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

服部茂幸『アベノミクスの終焉』岩波新書

日本の長期停滞の原因はデフレであり、そのデフレの原因は日銀が金融を緩和しないためであるという経済学者がいる。この経済学者のグループはリフレ派と呼ばれている。

経済成長率とはこのGDPの増加率のことを指す。

日本の経済成長率の落ち込みは人口高齢化仮説に当てはまり、現在のアメリカの停滞はバブル崩壊と金融危機の結果であると考えられる。

バーナンキがリフレ派の理論的基礎を提供した経済学者の一人。

アメリカの大恐慌も日本の長期停滞も、その原因はバブル崩壊ではなく、デフレである。

貯蓄が過剰な国とは、日本、中国などの東アジア諸国や、ロシア、サウジアラビアなどの産油国、ドイツである。

現代的なマクロ経済学は、ケインズから始まる。ケインズは一国経済のGDPは支出によって決まると考えた。

インフレ・ターゲット論者の代表ともいえる存在がFRB前議長のバーナンキであった。

二〇年代のアメリカでも、八〇年代後半の日本でも、金融不安定性を作り出したのは、バブルであった。

2014年9月25日 (木)

水野俊平『笑日韓論』フォレスト出版

その問題とは、すなわち竹島(独島)の領有権、靖国神社参拝、歴史教科書、従軍慰安婦およびそれに付随した諸問題である。これを、小生は便宜上「四大問題」と名づけた。

「極右」じゃない日本人になるにはどうしたらいいのか? 保坂祐二先生や加藤嘉一さんのようになるしかないのである。

かつて、漫画、アニメ、ゲーム、J-POPなどは「日流」ではなく、「倭色」と呼ばれ、粗暴で猥雑な低級文化の一種として扱われ、出版物として公刊したり、公の場で放映することはできなかった(日本の歌謡曲については現在も地上波では放映できない)。

もし、美空ひばりの父親が韓国人ならば、ほかならぬ「反骨ライター」である竹中労氏が、それを書かないはずはない。

「バカでもチョンでも」という表現は江戸時代末期~明治初期にはすでに存在していたことが用例からわかっている。

そもそも「糞嘗め」は「形式的孝行」の事例であり、「トンスル」は「民間療法」で、別次元の話である。

2014年9月22日 (月)

坂本孝司『会計で会社を強くする 簿記・会計先覚者の金言集・解説<改訂新版>』TKC出版

武田博士は、中小企業会計基準の本質的な機能が「中小企業経営者の意識改善に向けられている」と喝破されています。これは「商売をやってゆくのに、広い視野をあたえてくれるのは、複式簿記による整理だ」(ゲーテ)、「秩序(複式簿記)が経営感覚を鍛える」(ゾンバルト)、「商業帳簿を通じた、自己報告による健全経営の遂行」(商法商業帳簿規定の本質的な目的)という思考と軌を一にしています。

中小企業では株式価値は相続時以外には不要な情報である。むしろ年間にどれだけ儲かったか、製造原価はいくらか、配当が出せるか、法人税はいくらか、あといくら借りられそうか、賃上げに耐えられるか、などが分かればよい。

筆者は、現在の「財務会計」と「管理会計」の区分は間違っていると考えています。

奥野倫充『会社の業績を10倍にする番頭さんの仕事のルール 会社の強さは補佐役で決まる』ビジネス社

片腕・番頭は経営者を勝たせるのがその役割。

特別な才能がなくたって、誰でも副社長にはなれる。

経営者というのは感性が違う。

社長を超えたと自覚したNo.2は会社を辞めるしかない(船井幸雄)。

2014年9月21日 (日)

吉澤準徳『外資系コンサルが実践する 資料作成の基本』日本能率協会マネジメントセンター

WHOは資料を見せる「相手」

WHATはその資料を使う「ねらい」

WHYは相手とねらいが妥当である「理由」

パワーポイントやワードで作るべき資料をエクセルで作ってしまうことは避けるべきです。

PREPとは、Point(主張)、 Reason(理由)、Example(事例)、Point(まとめ)の流れを表した言葉。

吉村修一『領収書はどこまで経費で落ちるのか』ぱる出版

逮捕権のある行政組織が3つあります。警察署、税務署、それと労働基準監督署の3つには共通項があり、「しょ」という文字が「署」なのです。

ちなみに、社会保険事務所、公共職業安定所、保健所など逮捕権がない組織は「所」になっていますね。

寄附金、ひとつ言えるのは、会社より個人の方がさらに厳しいということです。個人の場合は、国等と公益法人等にしか寄附金控除は認められません。その他はありません。

手持ちの現金で財産分与すれば税金はかからず、現金以外で財産分与すれば税金がかかることになります。

仕事の内容別に見るケーススタディ

  • サロン経営
  • ネットワークビジネス
  • スポーツ選手(ゴルフ)
  • 当たり馬券
  • 芸能人・アイドル(印税)

石川純治『揺れる現代会計 ハイブリッド構造とその矛盾』日本評論社

今日の企業会計の変容を読み解く1つの鍵は、端的に言って「開示」と「計算」との関係にある。

ディスクロージャー会計・監査の先駆けともいえる1853年のイギリス勅許会計士協会の設立、1868年の鉄道規制法、そして1879年の会社法はまさにパクス・ブリタニカのなかでの出来事・・・

独仏型(フランコ・ジャーマンモデル)

IFRSが英米型世界標準の歴史的所産

本当に役立つのは、今すぐには役立たないもの。

ハーメルンの笛吹き男

松かさ論(井尻先生)

愛と会計、無と会計

小林正弥『サンデルの政治哲学 <正義>とは何か』平凡社新書

印象的でリアリティあふれる具体例と、原理・原則との絶え間ない往復運動。

善ありし正義。

ポスト・モダンと言われるようなフランス系の現代思想。

ロック、カント、ロールズこそ、政治哲学における自由主義を作った三人である。

カントは、人間を手段として使う功利主義に反対した。

サンデルはロールズを批判して世に知られるようになった人である。

サンデルの政治哲学の最大の主題は「善」と「正義」との関係である。

アーレントは、ギリシャの政治そのものに憧れ、「活動」という概念を中心に、言論による公共的な政治を甦らせようとした。

マッキンタイアのいう「物語としての人生」

カトリックのような反対論から見たら、妊娠中絶は胎児を殺す殺人行為。

コスモポリタニズム(世界公民主義)

賀川豊彦らが開始した協同組合運動

ハンナ・アーレントが生誕性を「人間の条件」の一つとして挙げている。

レーガン大統領は、減税を中心とした個人主義的なサプライサイド・エコノミーを主張した。

タルムードでは、嘘をついてはいけないという規範について、三つの例外が認められている。

カントを批判したのがヘーゲルであり、カント的な発想を甦らせたのがロールズであって、そのロールズを批判してヘーゲル的発想を甦らせたのがサンデル。

2014年9月20日 (土)

宮下誠『カラヤンがクラシックを殺した』光文社新書

カラヤンを分水嶺として、指揮者のステータスはカリスマからアイドルに変化したのではないかと思う。

「帝王」カラヤンの「本業」にとって音楽は手段に過ぎない。

クラシックという「装置」を、いわば一般化、大衆化、普遍化したカラヤンの音楽によって私たちは決定的に間違ってしまったのではないか?

カラヤンの罪は思いが、しかしそれを産み出し、是認し、受け容れた近代社会もまた同様の罪に問われなければならない。

唐沢俊一『カラサワ堂怪書目録』知恵の森文庫

精神病理学で言うマクベス夫人症候群(常に体を洗っていないと落ち着かない)。

2014年9月19日 (金)

唐沢俊一『僕はこんな奇妙な本を読んできた トンデモ怪書録』光文社

フェリーニは『サテリコン』を作るとき、ゲイのキャスティングをイタリアでなく、イギリスとアメリカで行なった。「イタリアにはホモはいない!」

アメリカ国歌のフシで君が代を歌う。

2014年9月18日 (木)

立花隆・佐藤優『ぼくらの頭脳の鍛え方 必読の教養書400冊』文藝春秋

アメリカの大学では文系、理系問わず、分子生物学が必修。

ソクラテスは話し言葉の世界の大家で、書き言葉を使うと人間はバカになると言っていた。

日本語を廃止して、フランス語を採用せよ(志賀直哉)。

明治維新のイデオロギーの一角を担った水戸学。

狂った政治思想はみなユートピア思想から生まれている。

実はヒューマニズムというのは危険な思想。

ナチスの全体主義も、プラトンの焼き直しで生まれた現実社会である。

パウロ自身は、イエスに会ったこともない。パウロが、頭の中で考え出した観念的な教義が現在のキリスト教のオーソドックスな教えの骨格になっています。

軍隊、官僚、国家は、名字しかない世界なんですね。

旧約は注釈があってはじめてわかる。

イスラム神秘主義を知らないとイスラムを知ったことにならない。

『資本論』には課税に関する記述がない。

実は神を信じていないドストエフスキー。

日本人は人食い人種である。『東方見聞録』

飛行機をちょっと見るだけで、その国の思想が見えてくる。科学技術には思想が表れるんですよね。

西南戦争で、薩摩軍に軍旗を奪われた。

ある観念が正しいかどうかは、それを現実化したときの結果によってのみ判定される。

戦前の日本の地理学は、ゲオポリティクスそのものだった。

ポルの小説とか犯罪心理学の専門書を読んで、妄想をもっている男たちがいるということを知っておく必要がある。

人間のダークサイドに関する情報が、現代の教養教育に決定的に欠けていますね。

プロレゴメナとは、ドイツ語で序文の意味。

共同通信と徳島新聞が社団法人であるのを除けば、他の新聞社は全て株式会社だ。

近代経済学という言葉は日本独自のもの。

戦争のように二つの国がかかわる事件の場合、同じ事件が他方の国から見るとどのように見えるかを知らないと、本当にわかったことにならない。

パース、プラグマティズムではいちばん知られていない人だが、実はいちばん重要な人。

2014年9月14日 (日)

竹内洋『大衆の幻像』中央公論新社

オルテガは、大衆人をこういう。自分の道徳的・知的資産は十分とおもう「慢心しきったおぼっちゃま」であり、自分が凡俗であるのを知りつつ、「敢然と凡俗であることの権利を主張し、それをあらゆる所で押し通そうとする」。「喫茶店の会話から得られた結論を実社会に強制する」ともいっている。これが大衆人の属性である。

指導者やテクノクラートがオルテガのいうような専門バカだから、・・・

常人には理解できない文章や言葉で煙に巻く小林秀雄や花田清輝・・・

2014年9月11日 (木)

立花隆『読書脳 ぼくの深読み300冊の記録』文藝春秋

たしかに人間、わからないものに挑戦しないと、知性が鍛えられませんね。

キュレーション(情報を整理して紹介したり、見やすくしたりすること)

先の大戦の八紘一宇・大東亜共栄圏構想は、ソロヴィヨフの日本王朝中国皇帝によるヨーロッパ征服と同じ線の発想だということだ。第二次大戦中の日本は、現代版黄禍(イエロー・ペリル)と考えられていたのだ。

ナチスドイツが使っていた絶対解読不可能といわれた暗号システム『エニグマ』。それをイギリスの天才的数学者たち(コンピュータの理論設計者として名高いアラン・チューリングなど)を集めた解読チームがついに打ち破り、・・・

雪の結晶はなぜ六角形なのか?

インドからケンブリッジにやってきた天才少年物理学者チャンドラセカール

ヤコブ・ベーメ・・・ドイツで最も著名な神秘思想家

ジャン・モリスは、いってみれば、イギリスの司馬遼太郎。

原田勉『イノベーション戦略の論理 確率の経営とは何か』中公新書

幸運は準備された心に宿る(パスツール)。

エクセレント・カンパニーなどは存在しないということであり、限られたタイムスパンのなかでのみ、エクセレンス(卓越性)は発揮される。

破壊的イノベーションとは、現時点では顧客が欲しがらない技術である。

イノベーション戦略の本質は、不確実性下での意思決定にある。

花王の製品開発では、「テストに勝つ」ということがキーワードになっている。ここでいうテストとは、全国に三万人いるといわれるモニターを対象とした調査であり、その調査で試作品が所定の成績を収めなければ次の段階へと進むことができない。

戦略論には、「計画のグレシャムの法則」という命題がある。

究極的には、理念は、王陽明のいう「致良知」によって識別されるべきである。

ギリシャ神話に登場するシーシュポス

2014年9月 7日 (日)

櫻井治男『日本人と神様 ゆるやかで強い絆の理由』ポプラ新書

最も偉大な存在、氏神の中の「大氏神」ともいえる皇室の祖神(皇祖神)を祀る場所として設けられたのが伊勢神宮です。皇室の「氏神」は、庶民の伊勢信仰の発展とともに、やがて日本人全部の神様、「日本の総氏神」となったのです。

明治神宮。こちらには明治天皇と昭憲皇太后が祀られています。

戸田山和久『哲学入門』ちくま新書

「ありそでなさそでやっぱりあるもの」こそ、哲学がずっと考え続けてきた中心主題だからだ。

この世はようするに、物理的なものだけでできており、そこで起こることはすべて煎じ詰めれば物理的なもの同士の物理的な相互作用に他ならない、このように考える立場は、政治的立場が何であれ唯物論だ。

人間は問題解決の主体だが、ロボットはそうではない。

ダーウィンの進化論は、すべての生物は共通の先祖から進化して枝分かれしてきたという共通先祖説と、そのような進化をもたらすメカニズムは自然選択であるという自然選択説の二本立てからなるとよく言われる。

哲学の大事な仕事の一つに、二つの対立的・対照的な考え方をつなぐ、あるいは両者の「いいとこ取り」をするにはどうしたらよいかを考える、ということがある。

カントの有名な『純粋理性批判』は、感覚を入力するとニュートン力学を出力するシステム(主観)を想定して、そいつはどんなサブタスクをやっているはずか、そのためにはどんな構造(アーキテクチャ)をしているはずかを考えた本だ。今風に言うと。タスク分析の元祖はカントである。

ミシェル・オンフレ『<反>哲学教科書 君はどこまでサルか?』NTT出版

精神的な欲求だけは人間に特有なもので、動物にはその痕跡はみじんもない。

理性の使用は経験の対象にのみ限定されるとし、そこから明確に区分される残りのものは、信仰の領域に属するとした(カント)。

キュニコス(犬儒)学派

魚も、ほとんど人間なみの知性がある証拠を示している。魚は射精の必要を感じると、隠れ場所から出てきて、表面がざらざらしたものに身を擦りつけるのだ。

作品は、その作品を味わう人物の教養、気質、性格があってはじめて意味をなす。

手ほどきなくして、美は成立しない。

『こうもり』の美しさを見抜くには、それが『こうもり』であることを知っていなければならない。

キッチュ(通俗趣味)

「レディ・メイド」とは、芸術家が無償の身振りによって選んだという事実のみをもって、芸術作品に変貌する匿名のオブジェのことである。

キリスト教はプラトンに多くを負っている。

人類の歴史は技術の歴史と一致する。

プロメテウス的論理

パノプティコン(一望展望装置)の原理

遺伝で受け継がれる身体の特徴や性格は、やはり選ぶことができない。

成文化されていない暗黙の法として、自然法というものが存在するとされる。

自然法は「アプリオリに(先験的に)」人道的だと思われている事柄を基礎としていて、・・・

間主観性(存在する者同士の関係)

ヘーゲルは、幸福な民族には歴史がないとさえいっている。

ニヒリズム(虚無がすべてに勝るという考え方)

自分をあるがままの姿とは別ものだと想像しようとして、人間が発揮するこの特異な才能のことを、ボヴァリスムという。

精神分析医のデタラメを『決して』信じちゃいけない。

アタラクシア(悩みのない状態)

ソフィストたちはプラトンにとっての大敵だった。

「私は真理であり生命である」とキリストはいう。

遠近法主義(真理は存在せず、視点だけが存在するという立場だ)

知性の最初の働きから生まれる根源的な誤りは、後から遅れてもたらされる治療薬がいかに秀逸であっても、修復できないだろうからだ。

そもそも客観などというものは存在しない。

フランクフルト学派(アドルノ、ホルクハイマー、マルクーゼ、さらにハーバーマス)

2014年9月 6日 (土)

清水幾太郎編『現代思想事典』講談社現代新書

青年は、いくら強く女性を愛していても、充分な収入なしに結婚するのは悪徳である、という安全な社会通念が存在している。かれらにおいては「愛」による結婚生活は、十分なる経済条件という暗黙の、しかし強靭な習慣の上にのみ存在していたのである。

自然の歴史は善から始まる。なぜなら、それは神の作品であるから。自由の歴史は悪から始まる。なぜなら、それは人間の作品であるから(カント)。

イスラム教にあってはキリストは神の子でなく人の子。

イデオロギーは、科学と信仰とのコンプレックスとして機能するものである。

人間とは象徴記号を操る動物なり(カッシラー)。

現在微分積分学でもっぱら用いられている記号は、ほとんどすべてこのライプニッツの考えたものであるといわれている。

過去の日本文化は中国文化によってはぐくまれたと信じているからである。

実存は存在を「問う」ことによって現われるもの。

カント哲学は、ニュートンの思想を指示して、時間と空間は先験的なものである、といった。

アメリカの南部で黒人にもっともつらくあたるのは、彼らによって職を奪われるかもしれない下層の人たちである。それを、上層の紳士たちはゆったりと利用する。ひとつは、それによって彼らの反感が自分たちに向かってこないことになるのだから。

維新以来、一方で天皇に尊厳性が与えられれば与えられるほど、他方の朝鮮人はみじめにおとしめられ迫害されてゆくという一方的なメカニズムが存在していた。

帝国主義とは、ローマ帝国の支配から発したことばで、・・・

ファッシズムの問題はあくまでもナチズムの問題である。

ナチはミュンヘンでなく、ベルサイユで生まれた。

ユダヤ人について考えるには、彼らが人種的集団であるよりは、むしろ宗教集団であることを、理解しておく必要がある。

2014年9月 5日 (金)

税理士法人平成会計社『税務申告書読破術』銀行研修社

粉飾決算は、主に損益計算書をよく見せるために行われます。

利益積立金額とは、既に法人税課税後の所得の内部留保額であることから、利益積立金額につき、さらに法人税が課税されることはありません。

減価償却費については返済原資を見極めるうえで重要となります。

スティーブンP.ロビンス『マネジメント入門』ダイヤモンド社

組織とは、特定の目的を達成するために集められた人々を、意図的に配置した集団のことである。

マネジメントとは、人を動かし共に働いて、効率的かつ有効に物事を行う活動プロセスのことである。

歴史なんてものは、ほとんどでっちあげだ(ヘンリー・フォード)。

ザッポス

マズローはこの理論を科学的に支持したわけではない。また多くの学者がその正当性を立証しようとさまざまな研究を行ってきたが、立証するには至っていない。

2014年9月 4日 (木)

規模の経済と範囲の経済

■規模の経済(economies of scale, scale merit)

生産規模を拡大していけば、生産量の拡大につれて生産物一単位当たりの平均生産コストが低下していくこと。

■「規模が効く」とは、2つの要件を満たす必要がある。(富山)

  • あるコスト品目について、売り上げが大きくなっても、お客の数が増えても、品数が増えても、さほどコストが増えない費目(共有コスト)がある場合
  • それが全体の事業コスト構成比の中でかなり大きな割合を占めている場合

■範囲の経済(economies of scope)

範囲の経済とは、1つの企業が複数の事業(製品)を手がけるほうが、別々の企業がそれぞれ1つずつ手がけるよりも費用が少なくてすむという性質である。

淺羽茂『経営戦略の経済学』、吉田和夫編『基本経営学用語辞典』

21世紀研究会編『法律の世界地図』文春新書

旧約聖書の律法はトーラーともよばれるが、これは「指針」という意味に近く、法律のことではない。

「アムネスティ・インターナショナル」のアムネスティは「大赦」を意味する一般名詞で、「忘れる」を意味するギリシア語に由来する。

大陸法というのはローマ法とゲルマン法、教会法(カノン法)、封建法が融合発展してきたものである。

ハンムラビ法典、ローマ法典、ナポレオン法典を世界三大法典とよぶ。

イギリスでは古くから、法は人間が制定するものではなくて客観的に存在するものだと考えられてきた。このような概念に基づく法体系を英米法という。

ローマ法の流れをくむ大陸法は、法とは人間が制定するものであるという考え方が基本となっている。

聖典クルアーンは法律書ではない。

ムフティーと認められた者があらわした法的な勧告がフォトワーとよばれるものだ。

シンガポールの法律が厳しいのは、つとに有名だ。

宮崎市定, 礪波護編『東風西雅抄』岩波書店

東風西雅とは、東西お国振り、の意味であり、ずっとくだいて言えば、東西四方山ばなし、或いはしかつめらしく申せば、東西交渉史話と言いかえてもよい。

英国の文明は帰納的、歴史的、自治的である。ドイツ文明は演繹的、理論的、官治的。

歴史には議論は一切いらぬ、という考え方が古くから中国にある。

由来日本には理論家が多くて歴史家が少ない。理論家は一度理論を充電すれば一生それが使えるが、歴史家は一生、事実のあとを追いかけなければならない。

ルソーの懺悔録などでも、本当に大事な点は言っていないらしいとのことである。

組織造りにかけては天才のドイツ人が、・・・

冨山和彦『IGPI流 経営分析のリアル・ノウハウ』PHPビジネス新書

経営分析とは、経済メカニズムの分析である。

訪問販売のノエビア、通信販売のファンケル

国内で最大の化粧品メーカーは資生堂、次はカネボウ化粧品を傘下に収めた花王で、3番手はコーセーである。

一般の経営分析では、化粧品業界というおおざっぱな括りで分析しがち。

ビジネスを分析するときには、あくまでも経済的なインパクトの大きいところに集中しないと、・・・

ある企業にとっての現在の強みは、裏を返せば、そこがダメになると全体の業績に悪影響が出るポイントでもある。

えらそうなことを言っても、結局相場次第という商売は少なくない。仕入れ価格がものすごく上下する会社は、みんなそういう要素を持っている。

その数字から企業小説を書けるのか。

戦略コンサルタントの仕事では、通常、PLの営業利益までしか扱わない。

米国ではリストラのときの退職金はもともと営業費用にカウントされる。米国では頻繁に人員整理が行われるので、何ら特別なことではないからだ。

PLを突破口に企業実態を思い描き、BSで確認し、最後はウソのないCSでチェックする。

まず考えるのは、「保有事業は持続的に競争優位を維持できるか?」ということだ。

加入者が増えれば増えるほど利用価値が高まり、加入者がさらに増えていくという経済メカニズムを「ネットワークの外部性」

トヨタが売り上げ規模のわりにはグループ社員を増やさずに済んだのは、系列取引があったからだ。

コンビニの場合は、単純に店舗数を増やせばいいのではなく、ある特定の地域に限定して店舗を出店するドミナント戦略により、経済性が高まる。店舗同士が近ければ、その分、各店への配送コストの効率が上がる。複数の店舗を往き来して統括指導するスタッフの効率も良くなる。

経営改善の基本は、単品管理を徹底することである。

管理会計と言われてもよくわからない方でも、英語だとクリアに違いがわかる。

経営分析もせずに、「現地が欲しいのは、安かろう悪かろうだ」「中国だからしかたない」「インドだからできる話だ」と極々粗い一般論を理由に挙げ、諦めたら負けだ。そこから先は、思考停止である。

2014年9月 3日 (水)

戸部良一『日本の近代9 逆説の軍隊』中央公論社

敗戦時、日本には陸軍547万人、海軍242万人の兵力があった。

近衛兵は明治政府が最初に保有した自前の直轄部隊であり、最も信頼していた部隊だったからである。

この御親兵こそ日本陸軍の実質的な母胎である。

北海道に転籍した夏目漱石がその例だと言われる。

官製の将校親睦研究団体、偕行社

日本最初の徴兵令はフランスのそれを忠実に模倣したものであった。

大本営とは、戦いを指揮する君主の幕舎を意味する。

君主の軍服姿は、実はヨーロッパの模倣であった。

軍に対する文民のコントロール、いわゆるシビリアン・コントロール

内務班とは、具体的には20人前後の兵士がともに生活する大部屋のグループのことである。

荒木・眞崎を頂点とするこの人脈を皇道派と呼ぶ。

国家総動員機関としての企画院

日本陸軍が、本来的にはソ連と戦うべくつくられた軍隊であったことを確認しておく必要がある。

ガダルカナルの戦いは、大東亜戦争の陸戦のターニング・ポイントと呼ばれる。

大東亜戦争を日本陸軍は第一次大戦の兵器で戦った。

高橋善也『借入0の資金繰り』秀和システム

「資金繰り=銀行借入」という呪縛

債務償還年数

資金調達に関して言えば、銀行借入への一点集中は是非を論じるまでもなく「非」です。

資産の部に計上されている次の3つの項目をうまくコントロールする。

  1. 棚卸資産
  2. 売上債権
  3. 有形固定資産

回転率を高めれば、固定比率が低下し利益は生じやすくなる。

営業努力をして収益を2倍にするのと費用を1割削減することでは、費用を削減するほうがダンゼン簡単です。

昇給を7月にするなど、知恵を絞れば社会保険料も減額できる。

理想は製品別の損益管理をすること。

後悔回避

2014年9月 2日 (火)

歴史教育者協議会(日本)他『向かいあう日本と韓国・朝鮮の歴史 近現代編 』大月書店

民芸運動の創設者柳宗悦に朝鮮工芸の美を教えたのは浅川兄弟である。

疲れた朝鮮よ、他人の真似をするより、持っている大事なものを失わなかったなら、やがて自信のつく日が来るであろう。このことはまた工芸の道ばかりではない。(浅川巧『朝鮮の膳』)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック