フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 唐沢俊一『カラサワ堂怪書目録』知恵の森文庫 | トップページ | 小林正弥『サンデルの政治哲学 <正義>とは何か』平凡社新書 »

2014年9月20日 (土)

宮下誠『カラヤンがクラシックを殺した』光文社新書

カラヤンを分水嶺として、指揮者のステータスはカリスマからアイドルに変化したのではないかと思う。

「帝王」カラヤンの「本業」にとって音楽は手段に過ぎない。

クラシックという「装置」を、いわば一般化、大衆化、普遍化したカラヤンの音楽によって私たちは決定的に間違ってしまったのではないか?

カラヤンの罪は思いが、しかしそれを産み出し、是認し、受け容れた近代社会もまた同様の罪に問われなければならない。

« 唐沢俊一『カラサワ堂怪書目録』知恵の森文庫 | トップページ | 小林正弥『サンデルの政治哲学 <正義>とは何か』平凡社新書 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/60348406

この記事へのトラックバック一覧です: 宮下誠『カラヤンがクラシックを殺した』光文社新書:

« 唐沢俊一『カラサワ堂怪書目録』知恵の森文庫 | トップページ | 小林正弥『サンデルの政治哲学 <正義>とは何か』平凡社新書 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック