フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 坂本孝司『会計で会社を強くする 簿記・会計先覚者の金言集・解説<改訂新版>』TKC出版 | トップページ | 服部茂幸『アベノミクスの終焉』岩波新書 »

2014年9月25日 (木)

水野俊平『笑日韓論』フォレスト出版

その問題とは、すなわち竹島(独島)の領有権、靖国神社参拝、歴史教科書、従軍慰安婦およびそれに付随した諸問題である。これを、小生は便宜上「四大問題」と名づけた。

「極右」じゃない日本人になるにはどうしたらいいのか? 保坂祐二先生や加藤嘉一さんのようになるしかないのである。

かつて、漫画、アニメ、ゲーム、J-POPなどは「日流」ではなく、「倭色」と呼ばれ、粗暴で猥雑な低級文化の一種として扱われ、出版物として公刊したり、公の場で放映することはできなかった(日本の歌謡曲については現在も地上波では放映できない)。

もし、美空ひばりの父親が韓国人ならば、ほかならぬ「反骨ライター」である竹中労氏が、それを書かないはずはない。

「バカでもチョンでも」という表現は江戸時代末期~明治初期にはすでに存在していたことが用例からわかっている。

そもそも「糞嘗め」は「形式的孝行」の事例であり、「トンスル」は「民間療法」で、別次元の話である。

« 坂本孝司『会計で会社を強くする 簿記・会計先覚者の金言集・解説<改訂新版>』TKC出版 | トップページ | 服部茂幸『アベノミクスの終焉』岩波新書 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水野俊平『笑日韓論』フォレスト出版:

« 坂本孝司『会計で会社を強くする 簿記・会計先覚者の金言集・解説<改訂新版>』TKC出版 | トップページ | 服部茂幸『アベノミクスの終焉』岩波新書 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック