フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 木山泰嗣『税務調査を法的に視る』大蔵財務協会 | トップページ | 猪瀬直樹『昭和16年夏の敗戦』中公文庫 »

2014年10月16日 (木)

佐藤拓『日本の怖い数字』PHP新書

経済学上は実質GDPの値が重要なのかもしれない。しかし、企業にしてみれば売上げこそが大事であって、生産量が増えても売上金額が減ったのでは意味がない。国家の税収にしても、企業の売上げが下がれば当然減少する。つまり、実体経済を反映しているのは「実質」ではなく、名目GDPなのだ。名目GDPは、その年の生産量とその年の価格を掛け合わせて求めた〝ふつう〟のGDPである。

国際結婚で子どもが不利益を被らないために、子どもを元いた国にもどすことを基本とした「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(ハーグ条約)」

検挙人員とは、簡単にいえば、警察が捕まえた犯人の数をいい、その犯人が起こした事件の数が検挙件数である。

« 木山泰嗣『税務調査を法的に視る』大蔵財務協会 | トップページ | 猪瀬直樹『昭和16年夏の敗戦』中公文庫 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/60486079

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤拓『日本の怖い数字』PHP新書:

« 木山泰嗣『税務調査を法的に視る』大蔵財務協会 | トップページ | 猪瀬直樹『昭和16年夏の敗戦』中公文庫 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック