フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 服部茂幸『アベノミクスの終焉』岩波新書 | トップページ | 紀田順一郎『文庫の整理学』講談社学術文庫 »

2014年10月 1日 (水)

松本修『全国アホバカ分布考 はるかなる言葉の旅路』新潮文庫

ロンドンのベーカー街にあったと設定される、シャーロック・ホームズの書斎兼リビングルーム。

初代の秘書は女優の松原千明さん。

古語は辺境に残る。

民衆の言葉が文字に現われてくるのは室町時代以降です。

新井白石が『東雅』・・・

「へび女」や「ろくろ首」が、実はとんだ食わせ物で・・・

『ゴジラ』は、『ゴリラ』と『クジラ』

「せんみつ」とは、千のうち三つしか真実を言わない大うそつきのこと。

フルトベングラーを熱愛するクラシック・ファンの百田君。

イーハトーブ

« 服部茂幸『アベノミクスの終焉』岩波新書 | トップページ | 紀田順一郎『文庫の整理学』講談社学術文庫 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/60400164

この記事へのトラックバック一覧です: 松本修『全国アホバカ分布考 はるかなる言葉の旅路』新潮文庫:

« 服部茂幸『アベノミクスの終焉』岩波新書 | トップページ | 紀田順一郎『文庫の整理学』講談社学術文庫 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック