フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 今村仁司編『現代思想を読む事典』講談社現代新書 | トップページ | 本多勝一編『ペンの陰謀 あるいはペテンの論理を分析する』潮出版社 »

2014年10月19日 (日)

木山泰嗣『リーガルマインド基礎講座 法律に強い税理士になる』大蔵財務協会

論理的思考力+法的三段論法=リーガルマインド

三段論法

  1. 抽象論:一般的な法則(命題)を述べる
  2. 具体論:具体的な事例を挙げる
  3. 1に2をあてはめる

「少数者の人権保障」を全うする役割が「司法権」を担う裁判所には期待されているのです。そして、多数決の原理に基づく「民主主義」に対して、個人の自由を守る司法権の役割は「自由主義」といわれます。

「政令」はあくまで、日本国「憲法および法律の規定を実施するため」に作られるものだということです。

「判例」という言葉も、じつは複数の意味があります。

判例→最高裁の判決

裁判例→下級審(地裁・高裁)の判決

民事訴訟法で1番重要な概念は何か? 弁論主義

税法には「権利濫用」の規定はありません。

« 今村仁司編『現代思想を読む事典』講談社現代新書 | トップページ | 本多勝一編『ペンの陰謀 あるいはペテンの論理を分析する』潮出版社 »

税法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今村仁司編『現代思想を読む事典』講談社現代新書 | トップページ | 本多勝一編『ペンの陰謀 あるいはペテンの論理を分析する』潮出版社 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック