フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 西川郁生編『会計基準の進路』中央経済社 | トップページ | 金一勉『朝鮮人がなぜ「日本名」を名のるのか 民族意識と差別』三一書房 »

2014年11月 2日 (日)

重政隆文『映画批評は批評できるか 番外篇』松本工房

ピーター・フォンダとデニス・ホッパーがメキシコから運ぶのはコカインである。マリファナよりはへヴィーで、ヘロインよりはライトである。この映画の重みもだいたいそのあたりに位置する。(村上春樹)

川本の言う「美しい誤解」

« 西川郁生編『会計基準の進路』中央経済社 | トップページ | 金一勉『朝鮮人がなぜ「日本名」を名のるのか 民族意識と差別』三一書房 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 重政隆文『映画批評は批評できるか 番外篇』松本工房:

« 西川郁生編『会計基準の進路』中央経済社 | トップページ | 金一勉『朝鮮人がなぜ「日本名」を名のるのか 民族意識と差別』三一書房 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック