フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 金慶珠『日本が誤解される理由』イースト新書 | トップページ | 木山泰嗣『弁護士が教える 分かりやすい「所得税法」の授業』光文社新書 »

2014年11月17日 (月)

小熊英二『日本という国』理論社

日本の近代は、江戸時代が終わり、明治維新がおきた1868年から始まったとされている。

もっとも恐ろしい存在は、貧しくて智恵のある者である。

武士には藩の学校である「藩校」などが、平民には村や町に「寺子屋」があった。

「教育勅語」という天皇が発した道徳の文句

日清戦争で、日本は台湾を領有した。

1945年2月、元首相の近衛文麿が天皇に降伏交渉を始めることを進言した。しかし天皇は、「もう一度戦果をあげてからでないとなかなか話は難しいと思う」と述べて、それを拒否した。

軍属(軍で雇われる労務者)

憲法第24条では男女の平等がうたわれているけど、これはアメリカでもまだ実現していない条項で、占領軍に加わっていた当時22歳の女性が書いた草案がもとになって実現したものだ。

サンフランシスコ講和会議は、アメリカの国際戦略のつごうで開催されたといってもいいものだった。

講和条約と同時に安保条約を結び、・・・

1951年のサンフランシスコ講和条約では、沖縄は日本本土からきりはなされて、・・・

講和条約11条では、東京裁判をはじめとした「連合国戦争犯罪法廷の裁判を受諾」することが日本に義務づけられた。

「愛国党」の赤尾敏

日本は冷戦によって、とても得をしてきた国だ。

リンボ

1956年に、サンフランシスコ講和条約に調印しなかったソ連と、日本政府は日ソ共同宣言を出して国交を回復させた。けれどそのさい、日本側は賠償請求権を放棄させられた。・・・・・日本政府は、アジアの民間からの補償請求には「国家間では解決済み」といいながら、自国民が被害をこうむったシベリア抑留問題では「国民個人の請求権は放棄していない」と表明したわけだ。

« 金慶珠『日本が誤解される理由』イースト新書 | トップページ | 木山泰嗣『弁護士が教える 分かりやすい「所得税法」の授業』光文社新書 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/60657801

この記事へのトラックバック一覧です: 小熊英二『日本という国』理論社:

« 金慶珠『日本が誤解される理由』イースト新書 | トップページ | 木山泰嗣『弁護士が教える 分かりやすい「所得税法」の授業』光文社新書 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック