フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 吉本康永『大金持ちも驚いた105円という大金 救われたローン人生』三五館 | トップページ | 吉田文和『政治のキホン100』岩波ジュニア新書 »

2014年11月29日 (土)

竹中平蔵『経済古典は役に立つ』光文社新書

新しい経済学を構築しようする者が書くべきものは、浩瀚な学術書ではなくむしろ時論的なパンフレットなのである(ケインズ)。

たとえば、規制緩和や郵政民営化のような経済政策を行う小泉・竹中は新自由主義者であり、市場原理主義者だ、というようなレッテルを貼る。

「○○派」というラベルで判断したがるのは、どうやら日本の特徴のようだ。

不況のときに政府がお金を使うのは、経済学的に考えればきわめて当然の話である。

ケインズは、当時、社会主義者だとして批判されながら、自らの主張を貫き続けた人である。

江戸時代には、武士階級の教育機関として藩校があり、一般庶民の子どもたちのためには寺小屋があった。

政府のもたらす弊害について、ハイエクやブキャナンたちが批判

シュムペーターは同時に、「結局は資本主義が崩壊して社会主義になる」とも予言している。

近代以前の封建制のもとでは、経済的自由は存在せず、レイバー・マーケット(労働市場)は存在しなかった。農地は領主の所有であり、土地の取引も存在しなかった。

「利得」や「利益」という概念も、アダム・スミスの時代になって社会的な認知を得るようになったものだ。

ガレー船(奴隷や罪人に漕がせた大型船)

産業革命の初期の大発明である多軸紡績機

力学のニュートンも、社会契約論のルソーも、アダム・スミスとほぼ同時代を生きた人だ。

代表なくして課税なし(議会に代表も送っていないのに、なぜ税金だけ取られるのか)

重商主義とは貿易黒字至上主義だと考えればいい。

ハーベイロードの前提

アダム・スミスは政府の役割を、国防や治安維持、公共財の提供などに限定して小さな政府を唱えたことはよく知られている。いわゆる「夜警国家論」である。

有名な〝神の見えざる手〟という表現は、この『国富論』には一切登場しない。

重商主義とは貿易差額至上主義で、そのために輸入を規制して黒字を増やして金銀を確保するという考え方

リカードは、地主を批判し、新興資本家を擁護する論陣を張ったのである。

植民地の拡大は「帝国主義」という言葉で表現される。

最初の社会主義国は、マルクスの議論の外にあったロシアという後発の国だった。

それぞれの経済学者がどのような状況下で問題解決のスキルとしての考え方を導き出してきたのか・・・

ハーベイロードの前提

北風と南風の論理で、厳しくやりすぎると、その反動は大きい。

有効需要とは、マクロ経済全体で見た需要のことであり、消費と投資と政府支出の和、つまり総需要のことである。

貨幣とは、流動性はきわめて高いが金利ゼロの資産だからである。

マルクスは、「思想」は上部構造であり、下部構造である「経済」が重要であるとして、弁証法的唯物論を展開した。

限界革命

親殺し

ケインズは、数学的手法について徹底的に批判した。

15世紀のスペインのイザベラ女王は、明らかに「金融家」だった。

シカゴ学派とは、自由主義的な経済思想を持つ経済学派

マネタリストとは、マネー(貨幣)を重視し、裁量的な経済政策の有効性を疑い、固定的な貨幣供給ルールの採用を主張する人々のことである。

アダム・スミスの時代に封建社会の秩序が崩壊し、ケインズの時代に原始的な資本主義の秩序が混乱

毎年1月末に、世界の経済リーダーたちが集まるダボス会議

経済運営の基本は、スミスの指摘のように、やはり市場の〝見えざる手〟を活用することである。

スタグフレーションとは、スタグネーション(経済停滞)とインフレーション(物価上昇)の合成語で、経済停滞するなかでの物価上昇を指している。

« 吉本康永『大金持ちも驚いた105円という大金 救われたローン人生』三五館 | トップページ | 吉田文和『政治のキホン100』岩波ジュニア新書 »

経済学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹中平蔵『経済古典は役に立つ』光文社新書:

« 吉本康永『大金持ちも驚いた105円という大金 救われたローン人生』三五館 | トップページ | 吉田文和『政治のキホン100』岩波ジュニア新書 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック