フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 子安宣邦『日本ナショナリズムの解読』白澤社 | トップページ | 賃金管理研究所編『給料の革新』日本経営合理化協会出版局 »

2014年12月27日 (土)

池田信夫『古典で読み解く現代経済』PHPビジネス新書

『国富論』は一般的に経済を語っているのではなく、重商主義を批判する宣伝文書なのです。

日本の役所の人の頭の中に重商主義が刷り込まれているわけです。

スミスが繰り返し批判している「重商主義」とは、現在の言葉に引き戻してみると「既得権」とか「利権」という言葉に近いような気がします。

スミスの一貫したテーマは、ビジネスに国家が介入するのはよくないということですが、・・・

『蜂の寓話』

門閥制度は親の敵で御座る

サンディカリズム(協同組合主義)

ヘーゲルというのは、・・・最初に「このもの」といった漠然としたアルケー(始原)から始まる。

ベイズの定理、Gメールでスパムをはじくフィルターは、実はこの定理を使っているのです。

エルズバーグ・パラドックス、ダニエル・エルズバーグは国防総省の秘密報告書「ペンタゴン・ペーパー」を暴露した人です。

科学革命の構造

現代の動学マクロ理論は、ケインズが批判したベンサム的計算そのものです。

・・・ハイエクは特殊な右翼ぐらいに思われていて、宇沢弘文先生とか浜田宏一先生などのケインジアンが、ハイエクやフリードマンをよく批判していました。

最大の間違いは、新古典派経済学には情報の概念がないことです。

私の友人の医者は「寿命はカネ次第」だといっています。

フリードマンの経済学者としてのいちばん重要な提言は、金融政策です。

ロバート・ライシュ『暴走する資本主義』・・・法人税を廃止すべき

経済学の世界でみる限り、もうケインジアンという人はほとんどいません。フリードマンが勝利したと考えてもいいと思います。

« 子安宣邦『日本ナショナリズムの解読』白澤社 | トップページ | 賃金管理研究所編『給料の革新』日本経営合理化協会出版局 »

経済学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池田信夫『古典で読み解く現代経済』PHPビジネス新書:

« 子安宣邦『日本ナショナリズムの解読』白澤社 | トップページ | 賃金管理研究所編『給料の革新』日本経営合理化協会出版局 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック