フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 柏木吉基『人は勘定より感情で決める』技術評論社 | トップページ | 佐藤卓己『八月十五日の神話-終戦記念日のメディア学』ちくま新書 »

2014年12月 1日 (月)

エルジビュータ・エティンガー『アーレントとハイデガー』みすず書房

・・・ハイデガーがヤスパースに短いあいだ金を借り、その利子をヤスパースが受け取ることにしたりしているのだ。

それは『人間の条件』を見れば明らかである。この本は「あらゆる点でほとんどすべてをあなたに負うています」と、彼女は彼への手紙に書いている。

しかしアーレントはその二十年後、ハイデガーは「可能とあらばいつでも、どこでも嘘の言える、名うての嘘つきだ」と言っている。

ハインリッヒ・ブリュッヒャーは、ハイデガーの哲学の大崇拝者だったから、・・・

« 柏木吉基『人は勘定より感情で決める』技術評論社 | トップページ | 佐藤卓己『八月十五日の神話-終戦記念日のメディア学』ちくま新書 »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 柏木吉基『人は勘定より感情で決める』技術評論社 | トップページ | 佐藤卓己『八月十五日の神話-終戦記念日のメディア学』ちくま新書 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック