フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 賃金管理研究所編『給料の革新』日本経営合理化協会出版局 | トップページ | 伊藤元重『ニュースの本質を見抜く 日本と世界の「流れ」を読む経済学』PHPビジネス新書 »

2014年12月27日 (土)

トーマス・クーン『科学革命の構造』みすず書房

「パラダイム」とは、一般に認められた科学的業績で、一時期の間、専門家に対して問い方や答え方のモデルを与えるもの、と私はしている。

観察や経験だけで、ある一つの所信の体系を決めることはできない。個人的、歴史的偶然にいろどられた恣意的要素が、常に一時期における一つの科学者集団の所信の形成要素となっているのである。

一つには、彼らの業績が、他の対立競争する科学研究活動を棄てて、それを支持しようとする特に熱心なグループを集めるほど、前例のないユニークさを持っていたからであり、いま一つにはその業績を中心として再構成された研究グループに解決すべきあらゆる種類の問題を提示してくれているからである。これらの二つの性格を持つ業績を、私は以下では「パラダイム」と呼ぶことにする。

真理は混乱からよりも誤りからより多く発生する(ベーコン)

パラダイムがあるからこそ、子の仕事ははるかに有効に進むのだ。なぜなら、学派間の論争が止んで、基礎に立ち返ってまた繰り返すということをしなくても済むようになったし、正しい道にのっているという科学者たちの自信は、彼らがさらに正確で突っ込んだ、骨の折れる種類の仕事に取りかかるのを励ましたからである。

« 賃金管理研究所編『給料の革新』日本経営合理化協会出版局 | トップページ | 伊藤元重『ニュースの本質を見抜く 日本と世界の「流れ」を読む経済学』PHPビジネス新書 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/60875920

この記事へのトラックバック一覧です: トーマス・クーン『科学革命の構造』みすず書房:

« 賃金管理研究所編『給料の革新』日本経営合理化協会出版局 | トップページ | 伊藤元重『ニュースの本質を見抜く 日本と世界の「流れ」を読む経済学』PHPビジネス新書 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック