フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 橋爪大三郎・副島隆彦『新装・増補版 小室直樹の学問と思想』ビジネス社 | トップページ | ロバート・S・マクナマラ『マクナマラ回顧録 ベトナムの悲劇と教訓』共同通信社 »

2014年12月16日 (火)

アイアコッカ『アイアコッカ わが闘魂の経営』ダイヤモンド社

ヘンリー・フォード二世は、私の家族を苦しめた。そのことを、私は絶対に忘れない。

マクナマラは、私に向かっては、考えたことは必ず書けと教えた。

マクナマラをはじめとするフィズ・キッズの最大の功績は、フォード社に最も欠けていた経理面の管理を確立したことだった。フォード社の最大の弱点は経理だった。

上に立つ者は、ローマ法王より清潔で猟犬の牙のようにきれいでなければならないと、マクナマラは口ぐせのように言った。超然たれと説き、みずからそれを実践した。「みんながやってることだから」という口実を、彼は許さなかった。

人生で一番大切なのは、タイミングなんだよ。

まず、聞き手は何の予備知識も持たずに来るのだから、最初にスピーチの主題をざっと紹介する。次に、本題に入る。最後に、何を話したかをまとめる。必ず、この原則を守ることにしている。私が習ったもう一つのコツは、話し終える前に聴衆に行動をうながすことだった。何でもいいが、注文をつけずに聴衆を帰してはならない。

トップ経営者に私が求める資格は、猛烈に働く能力。

フォード二世は日本嫌いだが、ヨーロッパには目がなかった。

死ぬときに真の友が五人いれば、すばらしい人生だったと思え。

私が自動車業界最大の人物と仰ぐアルフレッド・スローン

経営者の多くがそうであるように、長期的な会社の福利より来期の収益ばかりを考えていた。

創立者ヘンリー・フォードに経営の才が皆無

現場の工員に、アイデアを出せば聞いてもらえるという雰囲気をつくることこそ、品質向上の最も大切なコツなのである。

« 橋爪大三郎・副島隆彦『新装・増補版 小室直樹の学問と思想』ビジネス社 | トップページ | ロバート・S・マクナマラ『マクナマラ回顧録 ベトナムの悲劇と教訓』共同通信社 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/44830151

この記事へのトラックバック一覧です: アイアコッカ『アイアコッカ わが闘魂の経営』ダイヤモンド社:

« 橋爪大三郎・副島隆彦『新装・増補版 小室直樹の学問と思想』ビジネス社 | トップページ | ロバート・S・マクナマラ『マクナマラ回顧録 ベトナムの悲劇と教訓』共同通信社 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック