フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

山本博文『歴史をつかむ技法』新潮新書

文明的な法治国家になったことを表す用語が「律令国家」

「乱」は軍事蜂起を伴う国家(天皇)への反抗、「変」はときの政権の転覆工作

教科書ほど一言一句に留意して書かれている本はないのです。

天皇とは、飛鳥時代の天武天皇の時に成立した称号だとされています。

天皇は、それ以前は「大王」と呼ばれていました。

○○天皇といった呼称は死後に贈られるものだからです。

その時代にまさにその位にある天皇は、「今上天皇」あるいはただ「天皇」と呼ぶことになります。

歴史も「科学的思考」の積み重ね

日本の江戸時代は、まだ近代ではないのが明らかな一方で、中世の鎌倉・室町時代とはずいぶん違った社会になっているので、特別に近世という分類を立てたのです。

古墳の中でもっとも規模の大きいものが大和地方に見られるので、古墳を作るような各地の首長を統合した政治権力がこの地にあったと考えられ、それを「ヤマト政権」と呼びます。

「院」と呼ばれた上皇が政治の中心にいたため院政と言う

現在の天皇家は北朝の系統になります。

南朝が正統であることを主張した北畠親房の『神皇正統記』

イギリス人建築家コンドルによる鹿鳴館

歴史を見る上で重要なことは、現代からの目で見ると無謀と思われることや、あまりに空想的と思われることも、当時にあっては真面目に考えられていた、という視点を忘れてはならないことです。

外国を打ち払う攘夷と、天皇を尊ぶ尊王思想

従属理論

世界システム論

浦壁伸周『否定学のすすめ エジソンかアインシュタインになってみないか』プレジデント社

創造は否定に始まる。

否定とは、既存のパラダイム(思考の枠組み、あるいは枠組みされた知)の否定である。

一般に形而上学とは現象を超越し、その背後にあるものの真の本質、存在の根本原理、存在そのものを純粋に考えたり、あるいは直観によって探究しようとする学問で、主として神や世界や魂などを取り扱う学問である。

トマス・アクィナスが、キリスト教神学の補強のために、キリスト教とはまったく無関係なアリストテレスを組み込んだ。一般に、これをスコラ学という。

ドラッカー・・・教師ミス・エルザの教え

「和魂洋才」とは、「和魂」すなわち日本人の精神を変えずに、「洋才」すなわちヨーロッパ精神が生み出した学問や知識や技術を輸入して建国や産業振興に利用しようという思想である。

ベルツの日記

ピカソはニーチェに心酔していたのだ。

2015年1月30日 (金)

マーティン・ガードナー『インチキ科学の解読法 ついつい信じてしまうトンデモ学説』光文社

南北戦争のゲティスバーグでの戦い

アダムスキーは、UFOに誘拐されていたとき、月の向こう側の繁栄している都市を見たという。

ルシファー(サタンより一、二枚格下の悪魔である)

ドイツの「プッシーキャット」

エジソンは、その長い一生のあいだ、ずっとオカルトに魅せられていた。

神はサイコロを振らない(アインシュタイン)

〝ダーウィンの番犬〟ことトーマス・ハクスレー

フロイト夢理論の入門には、『精神分析入門』の第一〇講がいちばんである。

フロイトは、独創性を発揮しない部分では正しかったが、独創性を発揮したところでは誤っていた。ダーウィンとは大ちがいである。

コーランにおける19という数字の神秘

韓国・・・・・リー・ジャン・リム

2015年1月28日 (水)

池上英洋『恋する西洋美術史』光文社新書

人類の二大関心事は、ずっと死と愛だったということだ。

芸術家の人となりと、出来上がった作品とは切り離して考える。

ルノワールの作品や、カミーユ・クローデルの作品に込められた意味を知るのは、そうした私的な側面を無視していては不可能である。

ゼウス、性モラルに関してだけは、とことんダメダメなやつなのである。

多神教のほとんどが、男女のペアの神を主人公としている。

ヘラクレスの物語でも、『オデッセイア』でも、主人公はかならず男性である。

最初の人類の女性であるパンドラ

アルス・アマトリア

「ミッショナリー・ポジション」(いわゆる正常位)以外の体位による性交は、キリスト教倫理観においては動物的行為として禁じられるべきものとなる。

グノーシスとは「知識」の意味で、肉体を悪、精神を善とみなす二元論的思想

ボッカッチョによるおもしろおかしい艶話の底には、女性に対する深い不信や軽蔑がある。

シモネッタ

マリー・アントワネットの映画

2015年1月27日 (火)

紀田順一郎『日本の書物』新潮文庫

外国の神話の多くが、一個の創造者によって万物が形づくられるという性格をもっているのに対し、日本神話では自然発生的に生命が生れ、男女一体の神が生殖によって国土をつくるという点が変っている。

古代人の平均寿命は二十歳だったという。

『古事記』は大和朝廷の正当性を示すために編纂されたので、・・・

『風土記』は日本最古の地誌とされるが、その本質は大和朝廷のための地方行政資料である。

日本書紀・・・・・全三十巻のうち、最初の二巻を占める神代紀はその性質上すべてが伝説であり、・・・

蘇我馬子の墓といわれる石舞台

夜這いは、呼ばいである。

紫式部にせよ清少納言にせよ本名が不明なのは、・・・

紫式部にしても、『伊勢物語』がなくては出現しなかったであろう。

大手町一丁目一番地一号の主は、平安中期の逆臣平将門であることに変りはないのである。

清少納言には反面、荒廃の美を愛するような、ひねくれた感受性があって、・・・

汚ないものは汚ないものとして目をそらさない。

「歴史の事件や人物は、いわば二度現われるものだ」といったのはヘーゲルである。それにつけ加えて「ただし一度は悲劇として、二度目は茶番として」といったのはエンゲルスである。

枯木に花の呼吸

ユダヤ人ではないが、水と安全はタダでは得られないのだ。

物くさ太郎

鬼瓦は中国や朝鮮あたりから渡来したものらしい。むろん、魔除けである。

『イソップ寓話集』は、『聖書』と並んで日本に最も早くから輸入された西洋の書物である。

蛙の王様

宿についたら、家の勝手や避難所をよく見ておけ

近松の世界は、封建社会の悲劇を描いているので、一見古い。

利根(才能)、気根(根気)、黄金(資力)の三ごん(根)なくしては学匠になりがたし

才あるものは徳あらず。徳ある者は才あらず。真材誠に得がたし。

マルクス

切りたくもあり切りたくもなし

宣長自身は、人力を否定してはいない。人力を尽し、その及ばぬところは神のはからいに任せよという考え方である。

封建の門閥制度は親の敵(福沢諭吉)

正義を説くには悪を大きく見せる必要がある。キリスト教をはじめ、あらゆる宗教は悪を利用して成長したという点で、〝対立依存〟の関係にあることを、彼は江戸のはるか昔に道破していたのである。・・・上田秋成

2015年1月25日 (日)

斎藤静樹『企業会計入門-考えて学ぶ』有斐閣

学を語る前にまず対象を知ることが本書の目的です。

ここでいう恒久利益は、それを企業の所有者に配当しても、その後の期間にわたって同じ額を配当できると見込まれる最大額にあたるという点で、経済的所得としてしばしば言及されるヒックスの所得概念(毎期同額の消費を見込める所得第2号)とも符合しています。

連結の会計情報を親会社株主のために作るか、子会社の非支配株主を含む連結企業集団の出資者すべてに向けて作るのかという、連結の主体をどうみるのかの違いともいえます。前者の考え方を親会社概念、後者を経済的単一体概念などと表すこともありますが、どちらを選ぶのかで、連結利益や連結資本に子会社非支配株主の利益や持分が含まれるかどうか、さらには連結のれんが上記の全部のれんになるかどうかが決まるというわけです。そのように考えれば、最近の会計基準は後者の概念にシフトしているのかもしれません。

金達寿『古代朝鮮と日本文化 神々のふるさと』講談社学術文庫

縄文文化は面、弥生文化は点

神武天皇が橿原の宮で即位したというような、建国記念日などはありようがないだろう。

新井白石の『東雅』

シャーマンはいまでも朝鮮で非常にさかんです。

新羅系渡来人の秦氏の氏神である稲荷大社

高麗神社の系図ではその前書きのほうが虫食いになっていますね。その虫食いには謎があると書いたのは坂口安吾ですが、・・・

ソウルとは都、都邑、町、村の中心という意味のことばです。

ヤスパース

辛国とはもと韓国

東郷茂徳

2015年1月24日 (土)

阿刀田高『詭弁の話術 即応する頭の回転』角川文庫

詭弁とは、ひとことで言えば、誤魔化しの話術である。

ギリシアの哲学が詭弁とともに発達したことからもよく理解できる。

寺田寅彦・・・関東大震災

私は人生の岐路に立ったとき、いつも困難なほうの道を選んできた。それが私の人生訓だ(岡本太郎)。

トーナメント理論

死亡率というのは、赤ん坊と老人が高めるものである。

医者の世界には〝ムンテラ〟がある。

〝マキャベリも言っているけれど〟食うか食われるかの世の中では「慕われるより恐がられるほうが、はるかに安全」なのである。

・・・・・いわゆる〝第三帝国〟なのだから、他の民族から見ればちっとも優秀さを誇る理由にはならない。

ママの想い出

山田順『税務署が隠したい増税の正体』文藝春秋

日本政府には「倹約する」「経費削減する」という考えがほとんどないことである。

国民負担率、これは税金だけでなく社会保険も入れた国民の負担を国民所得で割った値

国民負担率の大きいことを「大きな政府」と呼ぶが、・・・

IMFは完全にアメリカ支配の世界金融安定化機関だから、・・・

現在、国税庁の花形は、国際業務課である。

憲法には、「納税者の権利」が書かれていない

年金・健康保険料のアップや、各種控除の廃止・縮小も「隠れ増税」である。

源泉徴収制度はアメリカやイギリス、ドイツなどでも採用されているが、日本が他の国と決定的に違うのが年末調整と給与所得控除である。

個人金融資産といっても、そこには個人事業主が持つ事業性資金が含まれているので、・・・

消費税は、個人間の取引にはかからないことになっている。

日本では地方自治といっても、税に関しては、地方が勝手な真似をすることはできないのだという。

そこで、金融機関の担当者が勧めるが、株よりファンドだ。

マイナンバーが付くのは、法定調書だけとされている。

竹中平蔵氏が毎年1月1日にアメリカに住民票を置いて住民税を逃れていた

1994年に、「アメリカ人はすべて経済教育を受ける権利と義務がある」という条文が教育法に盛り込まれ、・・・

中村淳彦『日本の風俗嬢』新潮新書

現在のソープ嬢のように店で売春をする女性は「娼妓」、個人売春する女性は「淫売婦」

ソープランドは店と女性に雇用関係がなく、店は女性たちに部屋を貸しているだけ、という建前が徹底されている。

「モザイクの向こうでは本番をしていない」という建前

もともと売春防止法は、日本が国連加盟するために国際社会から公娼制度を見直すことを迫られて制定された法律だ。

元祖フードルと呼ばれたイヴちゃん

聖水は小便、黄金ってのは大便

開業すると、ヤクザから営業電話がかかってくる。

ストリップ劇場とか行くと、よく熊手がかかってるでしょ、あれは全部ヤクザが売主。

暴対法には「みかじめ料の要求」「用心棒代の要求」が禁止行為に列挙され、・・・

経済的理由で仕事をするのはどの仕事でも同じである。

ソープランドは性風俗の王様

知的障害女性の多くは最後の砦としてSMを目指す。

性風俗嬢は個人事業主であるという意識が絶対に必要

もしも国がベーシックインカム制を導入したら風俗やる女の子は激減すると思いますよ

性風俗界隈のあまりの景気の悪さに驚いた。本当にお金がまわっていない。

実質上の規制撤廃となる無店舗型の合法化によって店舗と風俗嬢が増えすぎてしまった。

2015年1月22日 (木)

仲正昌樹『ネット時代の反論術』文藝春秋

脊髄反射

批判したいと感じたら、批判の言葉を発する前に、まずは、相手の言っていることを理解しようとできるだけ努力する

「批判(クリティーク)」の語源はギリシア語のクリネインという言葉で、もともとは「分離する」とか「裁く」という意味があることを習いました。

マルクス主義やヘーゲル主義でいう「批判」「否定」は、自分たちの立場をちゃんと見極めて、ここは一致しているけど、ここは違うんだと「切り分けて」いく意味で使われていたはずです。

一般的に論争好きな人間には、「私たち真実を知っている者は少数派で、何も分かっていない無知な大衆から誤解され、迫害されている」と思いたがる傾向がある

曲学阿世の徒

中国の共産党政権は、自分がマイナーな被害者であることを印象付ける歴史教育をしていることが知られていますが、・・・

マルチチュード(群衆=多様性)

ソクラテスはフリートーキングをやっているように見えて、じつは話相手を正しい方向、つまり彼自身が考えているのと同じような答えに誘導していく。

プラトンの哲学のモデルになったのが、当時の数学、特に幾何学

プロの法律家なら、裁判における真理としての「正義 Justice」は、その時の力関係や社会通念で決まってくるものであるということを知っています。

論点はなるべく自分に有利になるように設定する

ヘイトスピーチ

ミソジニー(女性蔑視)

与党にとってマニフェストを出すメリットはあんまりないんですね。イギリスでマニフェスト選挙をやっている理由は、二大政党で十数年ごとに政権交代しているからです。

従軍慰安婦問題・・・一方は構造を問題にして、他方は、個別のケースで法的に強制と言える行為があったか否かにこだわっているのだから、ほんとうのところまともな論争になるはずがありません。

畠山清行『陸軍中野学校終戦秘史』新潮文庫

陸軍中野学校は、昭和十三年に創設されてから昭和二十年八月の敗戦による閉鎖廃校までわずか八年間しか存在しなかった。

日露戦争で有名な『敵中横断三百里』

三一七部隊(ハルビンの中野学校)

「蒋介石相手とせず」の近衛声明を出したこと

朴烈・金子文子

戦後の日本共産党の大幹部だった徳田球一の実弟の徳田正次師

加藤隼戦闘隊

一将功成りて万骨枯る

北一輝の猶存社

吉野作造博士の流れをくむ「新人会」

陸軍中野学校は、東京の中野から富岡に疎開していたので、・・・

戦犯裁判の場合は、証人のいいぐさが絶対としてとりあげられた

「勝てば官軍」のことわざを、そのまま現わしたのが、戦犯処刑の実態で、・・・

有名な九州の「油山事件」

終戦には違いないが、それは言葉のあやで、実際は「敗戦」である。

軍人の処刑は銃殺が常識である。

ヘーグの陸戦条約

三井倉庫襲撃事件

パレンバン

ハバロフスク事件

陸軍には、毒瓦斯、細菌などの操作を教える『習志野学校』と、秘密戦士(諜者)養成の『中野学校』

諜者は功を語らずというのが鉄則だ。

中野出身者には、単独工作が多い。

2015年1月21日 (水)

鈴木貴博『戦略思考トレーニング』日本経済新聞出版社

戦略を立案し決定する力に個人差が大きいからです。

売上高=顧客数×単価×購入量×購入頻度

最高の戦略とは戦わないことです。

『ワールドビジネスサテライト』の場合、調査の結果、大企業の部長クラスの幹部がものすごくよく見ている

ビジネスの世界では戦略的な競争相手は常識を超えたところから攻めてきます。

差異化・・・・・チャレンジャーが採る戦略

アフターサービスでは売り手の方に交渉力が移る

一番安い商品の役割は競争相手からの参入を防ぐファイアーウォール

物事がそうなっているのには、必ず何らかの理由があるものです。

大局を見れば局地的な敗戦は容認できる

常識はかならずデータに裏付けられる。

本当は合理的な判断をしにくくしたほうが儲かる

ニュー・コーク

優れた戦略というものは、可能性を広くとった中から、現実性がありかつ最も有利に物事が運べるような事柄に経営資源を集中するものです。

高田里惠子『学歴・階級・軍隊 高学歴兵士たちの憂鬱な日常』中公新書

高学歴者への特別の悪意は帝国陸軍の専売特許であったらしい。

貧しい者、学歴の低い者がまず戦場に行かされるのですが、そのことだけを強調するのも危険です。公平を期すためには徴兵制だというロジックが出てきてしまう。

ひ弱な高学歴兵士という存在は、太平洋戦争末期の現象であったことも確認できる。

旧制高校のなかでも東京の成城・成蹊と並んでブルジョア校として有名だった甲南中学

三島由紀夫がその一人で、彼はこの洗礼を受けなかったために、軍隊神話を切腹の瞬間まで持ちつづけることになった。

第一高等学校が誇った「籠城主義」

学徒兵くずれはアプレゲール(フランス語で「戦後」)

日中戦争がはじまる前は、大卒者で兵役にかかるのは、体格のいいスポーツマン型ばかりであった。

軍隊というところは女性的なところだった

二代目黄金バットの紙芝居画家

ヒラヘイトウ(平等無差別)

軍隊のなかでの男たちの本当の平等を実現しようとしたのは、ヒトラーだけなのだ。

ヒトラーの学歴と階級にまつわるルサンチマンはなかなか根深いのだ。

Bildung(教養・自己形成)

出征にも空襲にも敗戦にも負けず、受験や進学のシステムを維持しつづけたところに、いまはもう失われたらしい、教育立国日本の底力を感じてしまうのである。

「軍隊は要領」というのは、帝国陸軍の重要な教えであった。

旧制高校は、世間的な意味での男の出世競争がいったん停止する場所であった。だからこそ、処世術にはあまり役に立たない教養的読書の量や文学的才能が競われたのである。

白バラ抵抗運動

ゾル転

数多くの立派な若者が死に、生き残ったのは、少なくとも事戦争に関してはおおむね屑ばかりというのがこの戦争であった。

『ゴジラ』を「戦争映画」と喝破したのは、川本三郎

スローターダイク

ランゲマルクの神話

バカデモクラ

ノーブレス・オブリージュ。高い地位にある者はそれだけ重い責任と義務を負うという自覚

一高では、入学式ではなく入寮式のほうが重要

他の旧制高校にも当てはまるのだが、要するに、そこで特に優れた教育がなされていたわけでも、特に秀でた教育者がいたわけでもなく、学力選抜試験によって、はじめから優秀な生徒が集められていただけなのである。

ヒドゥン・カリキュラム

森有礼が大衆層教育と指導者教育をはっきり区別しようとしたことは、・・・

欧米ではブルジョア階級にふさわしいものとして上級学校が作られたのに対して、近代日本では反対に、一つの階層を作りだすために、上級学校が整備されたのである。

旧制高校は独特の誇り高き世界であった。

中学にも進んでいない一等兵にとっては、東大のエリートをイジメることができる機会など、戦争が起こらない限りありえなかった。

2015年1月19日 (月)

見田村元宣他『「あの社長の羽振りがいいのにはワケがある カネ感情のツボ30』すばる舎リンケージ

重要な数字のみを理解していれば、経営はきちんと成り立っていくのです。

会社にとって一番得なのは、1年の間で最も儲かる月を期首にしてしまうことです。

「在庫+売掛金<買掛金」となっていることが大切です。

経費の構造を知らずして、経営はできない。

固定費中心型ビジネスの代表例に航空会社があります。

吉野屋とマクドナルドの成功は固定費を減らしたことによるものです。

最終的に、どの商品に力を入れるべきかは粗利益率、回転率、固定費の3つを考えて決定すべきです。一見すると赤字でも、稼ぎ頭のスターに育つ商品が、会社の中に眠っているかもしれません。

在庫が残っていれば、本業キャッシュフローはマイナスになります。

本業CF-設備投資CF=事業上のCF・・・ここで生まれたお金の中から、借入金を返済していく。

「在庫には税金がかかる」と言われますが、・・・・・在庫が経費にならないことによる利益に税金がかかっています。

「勘定合って、銭足らず」の原因の「すべて」は貸借対照表にあります。

前受金はあくまでも負債である

固定長期適合率

通常は月商の2ヶ月か3ヶ月分あれば十分な余裕があり、・・・

借入金と預金の両建ては、ハッキリ言って損です。

借入金利は契約書に書かれた金利ではなく、実質的な金利で判断すべきです。

経費全体に占める固定費の割合が上がると、損益分岐点が上がってしまいます。

会社や社長の羽振りがよくならなければ、従業員の羽振りがよくならない。

2015年1月18日 (日)

慶應義塾大学ビジネス・スクール編『ビジネススクール・テキスト マーケティング戦略』有斐閣

現代マーケティングの中核をなすといわれるミドル・マネジメント型のマーケティング・マネジメント

ビジネススクールが、三大プロフェッショナルスクールの1つ

マーケティングは優れて米国の産物である。自国語を尊重し英語を忌み嫌うフランスでさえも、マーケティングは「マーケティング」である。

1902年にペンシルバニア大学に「Market of Products」という講座が開講したのは偶然ではない。

マーケティング概念は、企業の経営理念や経営哲学にも含まれる概念であり、・・・

マーケティングの出発点は常にプロダクトにあり、「はじめにプロダクトありき」なのである。

GEの祖がエジソン

マーケティングは1つのシステム

価格政策の基本は、末端での消費者に対する財の価値表明をいかに適切にするかということである。

アロウワンスの代表的なものは店頭エンド大量陳列に対する報酬である。

「インタラクト」とは、企業と消費者が対話し議論し、その場の中で両者が対話する以前には考えもしなかったアイデアを生み出すという行為である。

顕在需要の最たるものとしての洗濯用洗剤のようなコモディティ・プロダクトの場合には、従来のようなマネジリアル・マーケティング、マス・マーケティングが有効であろう。

マーケティングの核心は環境への適応にある・・・

規模効果(大規模操業によるコスト削減効果)や経験効果(事業を始めてからの累積生産量が増すほど経験が蓄積され、コストが低下するという効果)

マーケティング・アンビション

バンドワゴン効果

プロダクトはまさにマーケティングの命であり、・・・

「麒麟」は中央アジア、中国大陸をかけめぐる伝説の動物である。

マーケティング戦略は4Pというものの、最も重要なのはプロダクトでありプロダクト・コンセプトである。

流通チャネルは、特にわが国においては、いわゆる4Pに要約されるマーケティング諸手段の中で、模倣や変更が最も困難であり、それだけに優れた流通チャネルは、きわめて重要な競争優位の源泉になるといわれてきた。

サービスでは生産と同時に消費が進行することになる。

サービスは在庫することができない。

コープランドによるビジネス財の5類型

2015年1月17日 (土)

宇沢弘文『経済と人間の旅』日本経済新聞出版社

経済学は、人間を考えるところから始めなければいけない。

中でも教育は、経済学の重要な対象である。

年を経るとともに、私の研究テーマが自動車、医療、教育、環境問題などへと広がったのは、経済学が本来、取り組むべき課題がそこにあるとの思いを深くしたからにほかならない。

ゲーテはワイマール公国の宰相を務めたことがあった。その時、国王や貴族の独占物であった芸術作品や学問、庭園などを国民共有の財産として一般に開放した。「公園」はその一例である。・・・・・後年、私が提唱する「社会的共通資本」の考え方はゲーテの思想が参考になっている。

日本の敗戦はポッシブルではなく、プロバブルだ(安倍能成)。

好きな女優のイングリット・バーグマン

ソースティン・ヴェブレン

ジョーン・バエズ

競争的社会主義の原理

アメリカの大学では普通、博士号を取った大学に研究者を残さない。先生の下に長くいると、自由な学問が展開できなくなるからだ。

ケインズの『一般理論』の意味するところは、簡単に言ってしまうと、資本主義は非常に不安定なので政府が何かしなければ大量失業か、非常に危険なインフレを生み出す。つまり、安定的な経済成長を実現するのは非常に難しいという点にある。

『一般理論』のエッセンスは、ヴェブレンが04年に発表した『営利企業の理論』の中にある。

あたかも戦前の日本において、軍国主義的弾圧に対して敢然とたたかった山田盛太郎、その生命を賭して学問的立場を守った大内兵衛、有沢広巳、脇村義太郎、河合栄治郎などの経済学者をほうふつさせるものがあった。

失業、インフレーション、国際収支の悪化という、いわゆる〝トリレンマ(三重苦)〟

私は、デューイの思想はリベラリズムであるといった方が適切ではないかと思っている。

前田康二郎『スーパー経理部長が実践する50の習慣』日本経済新聞出版社

「報告」から「報告+提案」へ

私は、新規ビジネスや、新規プロジェクトを計画する際のミーティングには、必ず売上と原価のたてつけを理解できている経理担当役員、部長も立ち会うことが必要と考えています。

営業は・・・厳密に言うと、「売上を上げる部署」

商社出身の知人は、ブランドショップなどに行くと、その商品の原価がだいたいわかってしまって、素直に商品を見られないと言います。

中国人は顔相で人を判断するのですよ。

IPO審査のように、「二十四時間以内に二十個の質問に答えてください」という状況では、・・・

経理はモラルが九割・・・この人だったら自分のお金を預けてもきちんと管理をしてくれそう

社員には「鍛錬する」機会を数多く与えること、勇気を持って手を挙げる社員こそ評価すること。

一般の人の発想や何気ない指摘というのは、本当に無視できません。

朴一『日本人と韓国人「タテマエ」と「本音」 「韓流知日」を阻むもの』講談社

韓国では、韓国籍でも韓国語をちゃんと喋れないと、本当の韓国人と見なされない。

コリアン・ジャパニーズ(韓国系日本人)

カモメが糞をしているだけ

排他的経済水域(EEZ)

金泳三政権が文民政権であったことです。

関釜裁判

いっそ両国の見解を記述した教科書を副読本として双方の学校に配った方がいい

94年から米国映画の上映が解禁され、・・・

スクリーン・クォータ制度

ディープ・ブルー・ナイト

韓国では親日派を「チニルパ」と呼び、それは植民地時代の対日協力者のことを指す言葉です。・・・・・要するに反民族的な裏切り者のことを「親日派」というのです。

日本に好意を寄せる人を韓国では「知日派」と呼びます。

赤いマフラー事件

1905年、島根県の竹島編入が日本の朝鮮半島への侵略の第一歩とするのが韓国の立場です。

金坂清則『イザベラ・バードと日本の旅』平凡社

多くのヨーロッパ人は日本の進歩を「ものまね」だとあざけるし、中国[清国]人と朝鮮人はそれを、嫉妬混じりの腹立たしさをうまく隠しもせず見つめている。だた、日本はわが道を進んでいる。

もしキリスト教が、これまで日本に最も強い影響力を与えてきた外来のものである仏教に打ち勝つことになれば[進歩は]なおのこと確実にそうなろう。

2015年1月16日 (金)

佐々木良昭『ハラールマーケット最前線』実業之日本社

「アバーヤ」というロングドレス

イスラム法(シャリーア)には「ハラール(HALAL)」と「ハラーム(HARAM)」がある。「ハラール」というのは、イスラム法で許される行為や食べ物のこと。「ハラーム」は同法上で禁じられていること。

その行為や食べ物がハラールか否かを判定する機関の中でもっとも権威があるのはエジプトのアズハル大学だとされているが、・・・

コーランは保健衛生の領域までカバーしているのである。

ムスリム=イスラム教徒

イスラム教徒の礼拝は1日5回ということになっていますが、・・・

シャリーア(イスラム法)の源になっているのは、正確にいえば『コーラン』、『ハディース』、『イジュマー』、『キヤース』の4つである。

イジュマーは「合意」、キヤースは「類推」

イジュマーは全信徒の見解の一致、現実には法学者の見解の一致であり、キヤースは同じく法学者による類推だ。

北村薫『慶應本科と折口信夫』文藝春秋

『見事な死』という本がある。

淀川長治「実はね、僕の大好きだった弟は若くして死んだんだけどね、それが慶應生だったんだよ」

西欧では、文学そのものが学生の研究対象となるのではない。その研究によって頭を鍛錬するのだ。

歴史とは、まさに人の思いを乗せた時の流れである。

姜誠『またがりビトのすすめ 「外国人」をやっていると見えること』岩波書店

父は北海道生まれの在日コリアン二世、母は一〇歳のときに韓国の慶尚南道からやってきた在日一世だった。その両親から生まれた僕は父が二世なので在日三世と呼ばれるが、厳密な意味では二・五世となる。

帰化とは「君王の徳化に帰服すること」だ。

日本は、・・・・・もっぱら帰化という手立てによって新国民を均質的に同化し、単一民族による国家を実現しようと多くの努力を払ってきた。

ある意味で在日コリアンは、これ以上はもう同化できないというほどに日本に同化しているエスニックグループなのだ。

在日コリアンはいまのヘイトスピーチ・デモなどにへこたれていない。なぜなら、在日コリアンの多くは、もっと苛烈な差別や偏見はおろか、実際に肉体に危害が及ぶヘイトクライムすら体験してきた。悲しい表現だが、差別慣れをしているのである。

2015年1月15日 (木)

篠沢秀夫『フランス三昧』中公新書

アルデンヌ地方である。天才少年詩人ランボーの故郷だ。

『ガリア戦記』のこのことばが何世紀もドイツ人を苦しめた、・・・

現代の日本の学校制度の手本はフランスであった。

フランスの大学はすべて国立である。

そのローマがなぜ滅びたか。古来、大を成した帝国はその大きさのために滅びる。それに尽きる。

「グレート・ブリテン」は島の名前に過ぎない。

今のBMWは「バイエルン自動車工業」のこと

なんと、世界でフランスに次いで二番目に「国民国家」を実現したのは、明治の日本であった。

日清戦争も日露戦争も識字率の勝利という見方がある。

橋爪大三郎『世界がわかる宗教社会学入門』筑摩書房

(注)私が持っているのは、文庫本ではなく単行本

日本の都市は、自然とはっきり区別された境界(城壁)を持たなかった。

マックス・ウェーバー・・・キリスト教、なかでもプロテスタントに特有の「禁欲」の考え方が、資本主義経済の成立にとって不可欠だったという、驚くべき結論を示しました。

キリスト教のGodを「神」と訳したのが、そもそもの誤解のもとでした。

日本人は、儒教を〝思想〟だと受け取りました。

宗教というのは法律であると考えられる。

ユダヤ教が死後の霊を認めないことです。

食物規制は、ただの不合理な習慣に思えますが、立派に社会学的な意味があります。

1920年代に、信仰を強化するため、禁酒法を定めました。

イエスはユダヤ人で、ユダヤ教徒でした。

キリスト教にあってユダヤ教にない考え方、それが、契約の更改です。・・・もうひとつは、個人救済の考え方です。

キリスト教は、使徒パウロによってスタートした。

マルクス=レーニン主義は、そのロシア正教の伝統を受け継ぎ、皇帝教皇主義の教会とそっくりの特徴をもった共産党をつくり上げました。

ルターの思想でもっとも注目に値するのは、天職の考え方です。

アッラーは、形がない。

スンナとは、神の使徒(ムハンマド)から出た言葉・行為・承認です。

スンナを編纂した書物を、ハディースといいます。

廃仏毀釈

「源氏」は天皇の祖先の物語

江戸時代、中国は日本にとって、世界の中心=憧れの的でした。

特定の外国にモデルを求めて憧れる思想を、慕夏主義といいます。

朝幕併存。天皇が将軍を任命し、将軍が大名に君臨するシステムです。

水戸学は、あるべき天皇像にしたがって歴史を再構成するという皇国史観に傾いていきます。

ユダヤ同士は利子をとって貸し借りはできないが、相手がキリスト教徒ならかまわない。

キリスト教の最大の成果は、地上の権威(政治権力)と神の権威(宗教的権威)とを分離したことです。

儒教には、一神教の神にあたる超越的な権威が存在しません。聖人とは、過去の政治家であり、要するに人間です。

科学がたった400年の歴史しかないのにひきかえ、宗教は数千年の歴史をもち、人類の文明そのものだと言ってもよい。

文京洙『韓国現代史』岩波新書

この植民地支配がもたらした韓国社会の歪みを、解放後の早い時期に自ら清算できなかったことへの悔しさや反省がにじみでている。

地域的な周縁とされてきた済州島や全羅道・・・

韓国では人びとの圧政に対する抵抗は抗争と呼びならわされている。

言語や文化の面で韓国は日本以上に同質性が高く、実のところ、一民族一国家、単一民族神話の病はこの国においてさらに深い。

彼らの地域的なアイデンティティは、道よりも、家門発祥の地を示す本貫、つまり郡・県レベルの地域範疇と結びついていた。

「朝鮮」という国号を承認したのも明の皇帝(洪武帝)だった。

エスノセントリズム

55年12月、金日成は「思想事業において教条主義と形式主義を退治し、主体を確立することについて」という演説をおこなっている。それは、のちの主体思想の出発点をなすとともに、スターリン批判に転じたソ連への追随を否定する自主路線を主張するものだった。

朴正煕・・・当時の軍国主義の風潮、とりわけ「革新派」将校たちの「昭和維新」の思想に心酔したといわれる。

市民社会のコミュニケーションの新しい媒体として創刊されたのが『ハンギョレ新聞』であった。

ネティズン(インターネットと市民の合成語)

三金政治

2015年1月14日 (水)

安東仁兵衛『戦後 日本共産党私記』文春文庫

モダニズムのイデオローグは丸山真男と川島武宜と教えられた。

マルクス主義の三つの源泉、価値と使用価値

昨日まで軍国主義の代弁者であり、天皇制の道徳教育の指導者であった教師たちが、一夜明けると昔からの〝民主主義者〟に変身している醜さは成年たちに、自分たちの住む国は自分たちの手で作るしかないという決意を固めさせたのである。

矛盾した〝大人社会〟を破壊する武器になる思想はマルクスレーニン主義のように思われた。その頃、東の陣営の指導者であったスターリンの蛮行は全く隠されていたし、ソヴィエトの政策主張が、本来のマルクス主義とは縁もゆかりもないものであることがあり得るという、政治世界の力学への認識は、ユートピアとしてのソヴィエト聯邦、理想としての社会主義という光彩に覆われて、青年たちの視野に入るべくもなかったのである。

文藝春秋編『東大教師が新入生にすすめる本2』文藝春秋

自律分散協調系

マンダラは決してカオスではない。

学術俯瞰講義

宇宙の年齢が137億年ということまで人工衛星による観測でわかる時代になったが、宇宙を構成する物質の96%は暗黒物質とか暗黒エネルギーと呼ばれるものでまったく正体不明である。

戦前の「国体」思想を支えた観念にほかならない「和」

人生に迷ったときには「危険な道をとる」と言い切る岡本太郎

公共的意思決定という政治的意思決定プロセスは、市場メカニズムとは違う面がある。

清朝との全面対決ならびに朝鮮の犠牲を惹起せざるを得なかったという、伊藤博文と陸奥宗光の苦渋の選択の意味も・・・

解説書を読むなかれ。理解しようとしてはいけない。感じるのだ。

徳川家康が愛読したという「貞観政要」

アーレントの師はハイデガー最大のライバルでかつ深い親交のあったヤスパース

私は、公共図書館に行ったら、市井の無名の人が書いた自伝を探して読むようにしている。

三木清の読書論は、おそらく彼の全仕事のなかでも、最も卓れた文章の一つ

2015年1月12日 (月)

本日の映画

シカゴ

地球防衛未亡人

セックス・アンド・ザ・シティ2

Shall we ダンス?

ハンコック

ドロップ

イレイザー

ベストキッド

ブラザーズ・グリム

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

ターミネーター4

飯干晃一『実録 柳川組の戦闘』徳間文庫

赤線というのは長い年月公認の売春地帯のことであり、青線というのは戦後いつの間にか売春宿が集まった地帯を指す。いずれも所轄の警察署の保安地図に、赤い線と青い線で囲んで表示されたことから、赤線、青線の名が出た。

韓国における学堂とは日本風の寺子屋よりはもっと権威のあるものだ。

言い伝えというのをバカにしてはいけません。その土地の住民たちが長い間経験的にある種の治療法をみつけているのですから、・・・

野坂昭如を〝焼け跡派〟と名付けた・・・

梁山泊とは、中国の古典の『水滸伝』に出てくる場所のことで、悪代官の圧迫に反抗するために宋江を首領とする無法者百八人が集まったところで、いわば〝無法の巣〟のことだ。

右翼を名乗ってでれば、政治家たちも安心してつき合ってくれるわけだ。

ヤクザのしきたちでは組長が引退すると、舎弟はみんな引退する。

佐藤栄作がトコトンまで児玉誉士夫を嫌っていたことは、・・・

暴力使うということは、弱い人間のすることや。

首領である柳川次郎を調べるためには、当然、戦前、戦中、戦後の在日韓国人の命運という問題につき当る。この調査は同時に日本全体がいかに朝鮮人を侮辱し差別してきたか、という歴史的事実の探査となって、この事実はわたしに自ら憤激の心を抑えかねさせたこともしばしばであった。こんご日本人はこの〝悪しき伝統〟撲滅してゆかねばならぬ。

山本七平・良樹『東京・・・・・ニューヨーク 父と息子の往復書簡』日本経済新聞社

ある教授のノートが余りに古びれているので、学生の一人が、そのように古い学説が現在でも意味を持ちうるのか、いまの社会に通用するのかと質問した。そのとき教授は少しも騒がず、「真理は永遠に変らない」と落ち着きはらって言ったそうだ。

歯痛は哲学者でも耐えられぬ(シェイクスピア)

「ありのまま」のあなたとは、あの四十五年以上前に、出征しなければならなかった青年兵士のことだ。

歴史の引用、資料の背後で、わが父よ。あなたの「私」は、ありのままの自分は、あまりに乏しくなっているのではないだろうか?

わが父よ。もう老兵臭い足かけ戦法、論争上の足かけはやめて欲しい。

カントの『純粋理性批判』を戦地へ持っていった私だが、それもほとんど読めなかった。

2015年1月11日 (日)

山田宗睦『危険な思想家 戦後民主主義を否定する人びと』光文社

わたしは<戦後>にすべてを賭けている。

『秋津温泉』

維新百年が勝つか、戦後二十年が勝つか。それはじつに日本の将来がかかっている。

日本文化フォーラム

歴史はかれら一流によって動くのではない。それなのに、歴史の上で記憶されているのは、一流の存在である。じっさいに歴史を動かした二流の存在は忘れられる。

どんなに感動が深くても、文学の世界は、やはり一つの世界でしかない。

ヘーゲルは、かれ以前の全哲学史を整理して、自分の学説が最上位にくるような体系をつくった。そのことを認めないと、ヘーゲルの哲学はわからない。だが、哲学はヘーゲルの体系で終わりにはならなかった。

狼は生きろ豚は死ね

海軍の高木惣吉が、京都学派の総帥西田幾太郎に心酔していた関係から、・・・

呉智英『危険な思想』双葉文庫

終末論をあおるのも、本家はキリスト教ではないか。

日本史上最大の宗教弾圧は、・・・・・江戸時代初めに起きた島原の乱に対する苛酷な鎮圧戦である。

ナチスの、スターリンの、ポル・ポトのやったあほ蛮行は何だったのか。そのどれもが、ジャン・ジャック・ルソーの言う「一般意志」の実現、どのようにも設定できるつかみどころのない神「大衆の原像」の顕現だったではないか。

私が、人権思想は人類の生んだイデオロギーのうちでも最悪のイデオロギーであると主張する根拠・・・

アジールとは世俗権力から離れた聖域のことで、そこは、犯罪者や債務者が逃げ込んでも権力者は彼らを逮捕できない。かつて、寺社、教会、森、山、墓地などが、アジールであった。

『共産党宣言』の結語「全世界を獲得するために」

大東亜戦争こそは、大東亜解放の美名のもとに大東亜侵略が行なわれた戦争なのだ。これを「太平洋戦争」と言い換えたのでは、東亜が侵略の餌食となったことさえわからなくなってしまう。

T.クーンによれば、あるパラダイムが生きているうちは、いかなる反証・反論もそのパラダイムを崩すことはできない。パラダイムは、どんな反証・反論をも自分に都合のいい形に変えて呑み込んでしまうからだ。

大塚和義『アイヌ 海浜と水辺の民』新宿書房

「アイヌ」とは人間をさす言葉であるが、これと対峙する存在が「カムイ」、つまり神である。アイヌにとって、神といかに対等に共生していくかが、現実の世界である「アイヌモシリ」での基本戦略だ。

アイヌは日常的に神の存在を意識し、それとの交信を怠らない。すなわち、人間にとって絶大なる利益を与え、人間の命運までも左右する力をもつ神と真剣に接し、とぎれることのない儀式によって厚く処遇した。そして、その見返りとして神からのプレゼントを期待したのである。

アイヌとは、アイヌ語で人間を意味する言葉である。アイヌの人たちは、自分たちが生活の場として幾世代にもわたって居住し、歴史を刻んてきた父祖からの土地を「アイヌモシリ」とよんできた。アイヌモシリは、「人間の大地」、あるいは「人間の世界」と訳すことができる。

自己に主体的なアイデンティティが存在すれば、その「民族」として生きることが認められるべきである。

「大和民族」なるものも、大陸や島嶼(とうしょ)づたいにいくたびも渡来した人たちとの混血であることは明白である。

2015年1月 7日 (水)

神原元『ヘイト・スピーチに抗する人びと』新日本出版社

バス・ボイコット運動

ヘイト・スピーチ規制は刑法で定めるのではなく、まず、アメリカの公民権法のように、雇用や教育、社会生活全般にわたる差別を禁止する、「差別禁止基本法」を定め、その中に罰則のないヘイト・スピーチ禁止規定を置くのがよいと思う。

人権の制限根拠たる「公共の福祉」は「人権相互の矛盾衝突を調整するための実質的公平の原理」であり、人権は他者の人権と衝突する場合にのみ制限されるという、「リベラル原則」こそ、民主主義の生命線だと述べた。

最終的にヘイト・スピーチを撲滅できるのは市民の力しかない。

法律でいくらヘイト・スピーチを規制しても、文化の世界でレイシズムを圧倒できないと、最終的にレイシズムに勝利できない。

サッカーはやはりヨーロッパのスポーツだと言えるでしょう。サッカーのチームは、その属する地域、民族、郷土を代理し、それらのために戦うというのがヨーロッパのカルチャーです。

マンデラは、私と同じ「弁護士」であるが、・・・

大日本帝国憲法の下で弁護士になった布施辰治は、朝鮮独立運動の若者たちの弁護に奔走し、戦後、韓国から建国勲章を受けた。

私たちは、私たちの社会の民主主義そのものを守るために、これを掘り崩そうとするすべてのものとたたかうのだ。

2015年1月 5日 (月)

野崎昭弘『詭弁論理学』中公新書

理論として本当に強いのは、実は議論にも何にもなっていない、寅さん流の「押しの一手」ではないかと思う。

寅さんには「もし、かりに」という仮定の話は通用しない。

多少とも論理や常識をふまえて「相手を丸めこむ(あるいはごまかす)」のが「詭弁」である。

権力者が法律を操作して強弁を通したきわめて深刻な例は、朝鮮半島における日本の植民地支配にもみられる。

魔女狩り(ウィッチ・ハンティング)

魔法使いを意味するウィザードという英語は、もとは「偉大な知恵者」という意味であった。

子供の育て方については、・・・家の構造も大いに関係している。

ゲーテはすべてのことをいった。

強弁術の要諦

  1. 相手のいうことを聞くな。
  2. 自分の主張に確信を持て。
  3. 逆らうものは悪魔である(レッテルを利用せよ)。
  4. 自分のいいたいことを繰り返せ。
  5. おどし、泣き、またはしゃべりまくること。

クラーク博士のアンビシャス、もとは選挙運動(地位を得るために、歩きまわる)を意味するギリシャ語

詭弁の鍵は、豊富な実例と、大学者の学説の引用である。

欧米の法廷では、証人に「誰がどんなふうに思っていたか」を証言させることはしないそうである。

ふつう「すべての・・・・・は」という文を全(体について何かを)称(する)文といい、これに対して「ある・・・・・は」という文を特称文という。

「ひとつが倒れれば、全文が倒れる」という理屈を、ドミノ理論という。

アナトール・フランスの小説に、十二ひく四はときかれて四と答える少女ロオズ・ブノアがでてくるが、・・・

鏡の作用は、要するに「前後を逆転させる」あるいは「裏返しにする」ことなのである。

2015年1月 3日 (土)

須田邦裕『面白いほどよく分る 入門・所得税法10話』東京教育情報センター

一時所得が他の所得と異なるのは、収入から控除するのが「必要経費」ではなく「収入を得るために支出した金額」である、ということである。一時所得という所得の特殊性故に、必要経費という概念がそぐわないからである。

一時所得は、分離課税などという大げさな方法をとるほどでもないので、総合課税の対象とされている。しかし、非経常所得に対する何らかの負担緩和も必要であるから、手っとり早い2分の1課税が採用されているのである。

一冊の法令集の中に、世の中のすべてが詰まっているといっても過言ではなかろう。

所得税は所得区分に始まって所得区分に終わる。

法人税に累進税率が採用されていないのは、法人税を個人所得税に対する一種の前払いとみなしているためである。

税法の体系を崩さないように、かつ、期限を区切った政策税制が実施できるようにという目的で考えられたのが、租税特別措置法。

2015年1月 2日 (金)

立花隆『日本共産党の研究[一]』講談社文庫

私の基本的な社会観はエコロジカルな社会観である。

私が用いる批判の方法は、もっぱらロジックス(論理)とセマンティクス(意味論)である。

ジェノサイドとは、特定のカテゴリーの集団は根絶やしにしてよいし、またするべきだという発想で、全体主義とは表裏一体の関係に立つ。

正統マルクス・レーニン主義によれば、革命は暴力革命にほかならない・・・

共産党の基本的性格は、党の綱領と規約によって規定されている。

共産党の最も基本的な性格を示しているものは、綱領よりも規約である。

よい政治システムは、その運営者の人格と離れて、政治悪が生じないように制度的に保証されたシステムでなければならない。これは、人類が数千年にわたる政治史の中で学んだ、政治に関する最も基本的な格率ではなかったろうか。

コミンテルン(国際共産党)

共産主義とは、マルクス社会主義といってもよい。

いまや、世界党=世界革命を叫ぶのは、日本の赤軍派ぐらいであるが、・・・

大井広介氏が共産党の体制を、〝左翼天皇制〟と名づけたのは、けだし名言であろう。

ブルジョア革命(天皇制を廃止して共和制に)

スパイの背後には特高がおり、特高の背後には思想検事がいた。その背後には内務省があり、司法省があった。

レーニンの教えによれば、戦争こそ革命の最大のチャンスなのであり、・・・

天皇制組織の最下部では、上からのサディズムを一身に受け、どこにも発散のしようがなくなるはずである。

日本人は勝負をアナログなものととらえず、オール・オア・ナッシングでとらえようとする。・・・・・だから、勝負が決するまでは必死で頑張るが、勝負がついたとみるやそれ以上の抵抗をあきらめてしまう。

史上最も成功した公安スパイ〝M〟の時代、すなわち非常時共産党の時代がはじまるのである。

山口昌男『歴史・祝祭・神話』中公文庫

鎮魂とは、人を無に対面させる混沌のエネルギーと直面させる行為

二十世紀のスペインには、歴史の神話的原像を想わせるすべての要素が出揃っている。

マルセル・モースの「贈与論」

シェークスピアの創造になるフォルスタッフ

魂のジュリエッタ

ヒトラーは、ユダヤ人を、神話につくりあげて、それを利用したのだ。

占領軍が筋書きを書いたと考えられても仕方ない状況のもとに起こった松川事件

戦争が祝祭の一形式であるというバタイユ

アナルコ・サンディカリスト

叙事詩人エイゼンシュタイン

エピステーメ(認識)

彼の年来の研究テーマである<トリックスター>

西洋型文明社会が自らの優位を顕示するために「未開」と名付けたあれらの社会へ・・・

ヒトラーのナチズムのように自らの権力を壮大な演劇的典礼の仮面に仕立てる・・・

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック