フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 佐々木良昭『ハラールマーケット最前線』実業之日本社 | トップページ | 朴一『日本人と韓国人「タテマエ」と「本音」 「韓流知日」を阻むもの』講談社 »

2015年1月17日 (土)

金坂清則『イザベラ・バードと日本の旅』平凡社

多くのヨーロッパ人は日本の進歩を「ものまね」だとあざけるし、中国[清国]人と朝鮮人はそれを、嫉妬混じりの腹立たしさをうまく隠しもせず見つめている。だた、日本はわが道を進んでいる。

もしキリスト教が、これまで日本に最も強い影響力を与えてきた外来のものである仏教に打ち勝つことになれば[進歩は]なおのこと確実にそうなろう。

« 佐々木良昭『ハラールマーケット最前線』実業之日本社 | トップページ | 朴一『日本人と韓国人「タテマエ」と「本音」 「韓流知日」を阻むもの』講談社 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/60987876

この記事へのトラックバック一覧です: 金坂清則『イザベラ・バードと日本の旅』平凡社:

« 佐々木良昭『ハラールマーケット最前線』実業之日本社 | トップページ | 朴一『日本人と韓国人「タテマエ」と「本音」 「韓流知日」を阻むもの』講談社 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック