フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 野崎昭弘『詭弁論理学』中公新書 | トップページ | 大塚和義『アイヌ 海浜と水辺の民』新宿書房 »

2015年1月 7日 (水)

神原元『ヘイト・スピーチに抗する人びと』新日本出版社

バス・ボイコット運動

ヘイト・スピーチ規制は刑法で定めるのではなく、まず、アメリカの公民権法のように、雇用や教育、社会生活全般にわたる差別を禁止する、「差別禁止基本法」を定め、その中に罰則のないヘイト・スピーチ禁止規定を置くのがよいと思う。

人権の制限根拠たる「公共の福祉」は「人権相互の矛盾衝突を調整するための実質的公平の原理」であり、人権は他者の人権と衝突する場合にのみ制限されるという、「リベラル原則」こそ、民主主義の生命線だと述べた。

最終的にヘイト・スピーチを撲滅できるのは市民の力しかない。

法律でいくらヘイト・スピーチを規制しても、文化の世界でレイシズムを圧倒できないと、最終的にレイシズムに勝利できない。

サッカーはやはりヨーロッパのスポーツだと言えるでしょう。サッカーのチームは、その属する地域、民族、郷土を代理し、それらのために戦うというのがヨーロッパのカルチャーです。

マンデラは、私と同じ「弁護士」であるが、・・・

大日本帝国憲法の下で弁護士になった布施辰治は、朝鮮独立運動の若者たちの弁護に奔走し、戦後、韓国から建国勲章を受けた。

私たちは、私たちの社会の民主主義そのものを守るために、これを掘り崩そうとするすべてのものとたたかうのだ。

« 野崎昭弘『詭弁論理学』中公新書 | トップページ | 大塚和義『アイヌ 海浜と水辺の民』新宿書房 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/61036941

この記事へのトラックバック一覧です: 神原元『ヘイト・スピーチに抗する人びと』新日本出版社:

« 野崎昭弘『詭弁論理学』中公新書 | トップページ | 大塚和義『アイヌ 海浜と水辺の民』新宿書房 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック