フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 呉智英『危険な思想』双葉文庫 | トップページ | 山本七平・良樹『東京・・・・・ニューヨーク 父と息子の往復書簡』日本経済新聞社 »

2015年1月11日 (日)

山田宗睦『危険な思想家 戦後民主主義を否定する人びと』光文社

わたしは<戦後>にすべてを賭けている。

『秋津温泉』

維新百年が勝つか、戦後二十年が勝つか。それはじつに日本の将来がかかっている。

日本文化フォーラム

歴史はかれら一流によって動くのではない。それなのに、歴史の上で記憶されているのは、一流の存在である。じっさいに歴史を動かした二流の存在は忘れられる。

どんなに感動が深くても、文学の世界は、やはり一つの世界でしかない。

ヘーゲルは、かれ以前の全哲学史を整理して、自分の学説が最上位にくるような体系をつくった。そのことを認めないと、ヘーゲルの哲学はわからない。だが、哲学はヘーゲルの体系で終わりにはならなかった。

狼は生きろ豚は死ね

海軍の高木惣吉が、京都学派の総帥西田幾太郎に心酔していた関係から、・・・

« 呉智英『危険な思想』双葉文庫 | トップページ | 山本七平・良樹『東京・・・・・ニューヨーク 父と息子の往復書簡』日本経済新聞社 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/60957462

この記事へのトラックバック一覧です: 山田宗睦『危険な思想家 戦後民主主義を否定する人びと』光文社:

« 呉智英『危険な思想』双葉文庫 | トップページ | 山本七平・良樹『東京・・・・・ニューヨーク 父と息子の往復書簡』日本経済新聞社 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック