フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 山田宗睦『危険な思想家 戦後民主主義を否定する人びと』光文社 | トップページ | 飯干晃一『実録 柳川組の戦闘』徳間文庫 »

2015年1月12日 (月)

山本七平・良樹『東京・・・・・ニューヨーク 父と息子の往復書簡』日本経済新聞社

ある教授のノートが余りに古びれているので、学生の一人が、そのように古い学説が現在でも意味を持ちうるのか、いまの社会に通用するのかと質問した。そのとき教授は少しも騒がず、「真理は永遠に変らない」と落ち着きはらって言ったそうだ。

歯痛は哲学者でも耐えられぬ(シェイクスピア)

「ありのまま」のあなたとは、あの四十五年以上前に、出征しなければならなかった青年兵士のことだ。

歴史の引用、資料の背後で、わが父よ。あなたの「私」は、ありのままの自分は、あまりに乏しくなっているのではないだろうか?

わが父よ。もう老兵臭い足かけ戦法、論争上の足かけはやめて欲しい。

カントの『純粋理性批判』を戦地へ持っていった私だが、それもほとんど読めなかった。

« 山田宗睦『危険な思想家 戦後民主主義を否定する人びと』光文社 | トップページ | 飯干晃一『実録 柳川組の戦闘』徳間文庫 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/60957485

この記事へのトラックバック一覧です: 山本七平・良樹『東京・・・・・ニューヨーク 父と息子の往復書簡』日本経済新聞社:

« 山田宗睦『危険な思想家 戦後民主主義を否定する人びと』光文社 | トップページ | 飯干晃一『実録 柳川組の戦闘』徳間文庫 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック