フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 阿刀田高『詭弁の話術 即応する頭の回転』角川文庫 | トップページ | 斎藤静樹『企業会計入門-考えて学ぶ』有斐閣 »

2015年1月25日 (日)

金達寿『古代朝鮮と日本文化 神々のふるさと』講談社学術文庫

縄文文化は面、弥生文化は点

神武天皇が橿原の宮で即位したというような、建国記念日などはありようがないだろう。

新井白石の『東雅』

シャーマンはいまでも朝鮮で非常にさかんです。

新羅系渡来人の秦氏の氏神である稲荷大社

高麗神社の系図ではその前書きのほうが虫食いになっていますね。その虫食いには謎があると書いたのは坂口安吾ですが、・・・

ソウルとは都、都邑、町、村の中心という意味のことばです。

ヤスパース

辛国とはもと韓国

東郷茂徳

« 阿刀田高『詭弁の話術 即応する頭の回転』角川文庫 | トップページ | 斎藤静樹『企業会計入門-考えて学ぶ』有斐閣 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金達寿『古代朝鮮と日本文化 神々のふるさと』講談社学術文庫:

« 阿刀田高『詭弁の話術 即応する頭の回転』角川文庫 | トップページ | 斎藤静樹『企業会計入門-考えて学ぶ』有斐閣 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック