フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 大塚和義『アイヌ 海浜と水辺の民』新宿書房 | トップページ | 山田宗睦『危険な思想家 戦後民主主義を否定する人びと』光文社 »

2015年1月11日 (日)

呉智英『危険な思想』双葉文庫

終末論をあおるのも、本家はキリスト教ではないか。

日本史上最大の宗教弾圧は、・・・・・江戸時代初めに起きた島原の乱に対する苛酷な鎮圧戦である。

ナチスの、スターリンの、ポル・ポトのやったあほ蛮行は何だったのか。そのどれもが、ジャン・ジャック・ルソーの言う「一般意志」の実現、どのようにも設定できるつかみどころのない神「大衆の原像」の顕現だったではないか。

私が、人権思想は人類の生んだイデオロギーのうちでも最悪のイデオロギーであると主張する根拠・・・

アジールとは世俗権力から離れた聖域のことで、そこは、犯罪者や債務者が逃げ込んでも権力者は彼らを逮捕できない。かつて、寺社、教会、森、山、墓地などが、アジールであった。

『共産党宣言』の結語「全世界を獲得するために」

大東亜戦争こそは、大東亜解放の美名のもとに大東亜侵略が行なわれた戦争なのだ。これを「太平洋戦争」と言い換えたのでは、東亜が侵略の餌食となったことさえわからなくなってしまう。

T.クーンによれば、あるパラダイムが生きているうちは、いかなる反証・反論もそのパラダイムを崩すことはできない。パラダイムは、どんな反証・反論をも自分に都合のいい形に変えて呑み込んでしまうからだ。

« 大塚和義『アイヌ 海浜と水辺の民』新宿書房 | トップページ | 山田宗睦『危険な思想家 戦後民主主義を否定する人びと』光文社 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/60953736

この記事へのトラックバック一覧です: 呉智英『危険な思想』双葉文庫:

« 大塚和義『アイヌ 海浜と水辺の民』新宿書房 | トップページ | 山田宗睦『危険な思想家 戦後民主主義を否定する人びと』光文社 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック