フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 仲正昌樹『ネット時代の反論術』文藝春秋 | トップページ | 山田順『税務署が隠したい増税の正体』文藝春秋 »

2015年1月24日 (土)

中村淳彦『日本の風俗嬢』新潮新書

現在のソープ嬢のように店で売春をする女性は「娼妓」、個人売春する女性は「淫売婦」

ソープランドは店と女性に雇用関係がなく、店は女性たちに部屋を貸しているだけ、という建前が徹底されている。

「モザイクの向こうでは本番をしていない」という建前

もともと売春防止法は、日本が国連加盟するために国際社会から公娼制度を見直すことを迫られて制定された法律だ。

元祖フードルと呼ばれたイヴちゃん

聖水は小便、黄金ってのは大便

開業すると、ヤクザから営業電話がかかってくる。

ストリップ劇場とか行くと、よく熊手がかかってるでしょ、あれは全部ヤクザが売主。

暴対法には「みかじめ料の要求」「用心棒代の要求」が禁止行為に列挙され、・・・

経済的理由で仕事をするのはどの仕事でも同じである。

ソープランドは性風俗の王様

知的障害女性の多くは最後の砦としてSMを目指す。

性風俗嬢は個人事業主であるという意識が絶対に必要

もしも国がベーシックインカム制を導入したら風俗やる女の子は激減すると思いますよ

性風俗界隈のあまりの景気の悪さに驚いた。本当にお金がまわっていない。

実質上の規制撤廃となる無店舗型の合法化によって店舗と風俗嬢が増えすぎてしまった。

« 仲正昌樹『ネット時代の反論術』文藝春秋 | トップページ | 山田順『税務署が隠したい増税の正体』文藝春秋 »

風俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中村淳彦『日本の風俗嬢』新潮新書:

« 仲正昌樹『ネット時代の反論術』文藝春秋 | トップページ | 山田順『税務署が隠したい増税の正体』文藝春秋 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック