フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 朴一『日本人と韓国人「タテマエ」と「本音」 「韓流知日」を阻むもの』講談社 | トップページ | 宇沢弘文『経済と人間の旅』日本経済新聞出版社 »

2015年1月17日 (土)

前田康二郎『スーパー経理部長が実践する50の習慣』日本経済新聞出版社

「報告」から「報告+提案」へ

私は、新規ビジネスや、新規プロジェクトを計画する際のミーティングには、必ず売上と原価のたてつけを理解できている経理担当役員、部長も立ち会うことが必要と考えています。

営業は・・・厳密に言うと、「売上を上げる部署」

商社出身の知人は、ブランドショップなどに行くと、その商品の原価がだいたいわかってしまって、素直に商品を見られないと言います。

中国人は顔相で人を判断するのですよ。

IPO審査のように、「二十四時間以内に二十個の質問に答えてください」という状況では、・・・

経理はモラルが九割・・・この人だったら自分のお金を預けてもきちんと管理をしてくれそう

社員には「鍛錬する」機会を数多く与えること、勇気を持って手を挙げる社員こそ評価すること。

一般の人の発想や何気ない指摘というのは、本当に無視できません。

« 朴一『日本人と韓国人「タテマエ」と「本音」 「韓流知日」を阻むもの』講談社 | トップページ | 宇沢弘文『経済と人間の旅』日本経済新聞出版社 »

ビジネススキル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 朴一『日本人と韓国人「タテマエ」と「本音」 「韓流知日」を阻むもの』講談社 | トップページ | 宇沢弘文『経済と人間の旅』日本経済新聞出版社 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック