フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 池上英洋『恋する西洋美術史』光文社新書 | トップページ | 浦壁伸周『否定学のすすめ エジソンかアインシュタインになってみないか』プレジデント社 »

2015年1月30日 (金)

マーティン・ガードナー『インチキ科学の解読法 ついつい信じてしまうトンデモ学説』光文社

南北戦争のゲティスバーグでの戦い

アダムスキーは、UFOに誘拐されていたとき、月の向こう側の繁栄している都市を見たという。

ルシファー(サタンより一、二枚格下の悪魔である)

ドイツの「プッシーキャット」

エジソンは、その長い一生のあいだ、ずっとオカルトに魅せられていた。

神はサイコロを振らない(アインシュタイン)

〝ダーウィンの番犬〟ことトーマス・ハクスレー

フロイト夢理論の入門には、『精神分析入門』の第一〇講がいちばんである。

フロイトは、独創性を発揮しない部分では正しかったが、独創性を発揮したところでは誤っていた。ダーウィンとは大ちがいである。

コーランにおける19という数字の神秘

韓国・・・・・リー・ジャン・リム

« 池上英洋『恋する西洋美術史』光文社新書 | トップページ | 浦壁伸周『否定学のすすめ エジソンかアインシュタインになってみないか』プレジデント社 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/61059482

この記事へのトラックバック一覧です: マーティン・ガードナー『インチキ科学の解読法 ついつい信じてしまうトンデモ学説』光文社:

« 池上英洋『恋する西洋美術史』光文社新書 | トップページ | 浦壁伸周『否定学のすすめ エジソンかアインシュタインになってみないか』プレジデント社 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック