フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 中村淳彦『日本の風俗嬢』新潮新書 | トップページ | 阿刀田高『詭弁の話術 即応する頭の回転』角川文庫 »

2015年1月24日 (土)

山田順『税務署が隠したい増税の正体』文藝春秋

日本政府には「倹約する」「経費削減する」という考えがほとんどないことである。

国民負担率、これは税金だけでなく社会保険も入れた国民の負担を国民所得で割った値

国民負担率の大きいことを「大きな政府」と呼ぶが、・・・

IMFは完全にアメリカ支配の世界金融安定化機関だから、・・・

現在、国税庁の花形は、国際業務課である。

憲法には、「納税者の権利」が書かれていない

年金・健康保険料のアップや、各種控除の廃止・縮小も「隠れ増税」である。

源泉徴収制度はアメリカやイギリス、ドイツなどでも採用されているが、日本が他の国と決定的に違うのが年末調整と給与所得控除である。

個人金融資産といっても、そこには個人事業主が持つ事業性資金が含まれているので、・・・

消費税は、個人間の取引にはかからないことになっている。

日本では地方自治といっても、税に関しては、地方が勝手な真似をすることはできないのだという。

そこで、金融機関の担当者が勧めるが、株よりファンドだ。

マイナンバーが付くのは、法定調書だけとされている。

竹中平蔵氏が毎年1月1日にアメリカに住民票を置いて住民税を逃れていた

1994年に、「アメリカ人はすべて経済教育を受ける権利と義務がある」という条文が教育法に盛り込まれ、・・・

« 中村淳彦『日本の風俗嬢』新潮新書 | トップページ | 阿刀田高『詭弁の話術 即応する頭の回転』角川文庫 »

税法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/61019396

この記事へのトラックバック一覧です: 山田順『税務署が隠したい増税の正体』文藝春秋:

« 中村淳彦『日本の風俗嬢』新潮新書 | トップページ | 阿刀田高『詭弁の話術 即応する頭の回転』角川文庫 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック