フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 橋爪大三郎『世界がわかる宗教社会学入門』筑摩書房 | トップページ | 姜誠『またがりビトのすすめ 「外国人」をやっていると見えること』岩波書店 »

2015年1月15日 (木)

篠沢秀夫『フランス三昧』中公新書

アルデンヌ地方である。天才少年詩人ランボーの故郷だ。

『ガリア戦記』のこのことばが何世紀もドイツ人を苦しめた、・・・

現代の日本の学校制度の手本はフランスであった。

フランスの大学はすべて国立である。

そのローマがなぜ滅びたか。古来、大を成した帝国はその大きさのために滅びる。それに尽きる。

「グレート・ブリテン」は島の名前に過ぎない。

今のBMWは「バイエルン自動車工業」のこと

なんと、世界でフランスに次いで二番目に「国民国家」を実現したのは、明治の日本であった。

日清戦争も日露戦争も識字率の勝利という見方がある。

« 橋爪大三郎『世界がわかる宗教社会学入門』筑摩書房 | トップページ | 姜誠『またがりビトのすすめ 「外国人」をやっていると見えること』岩波書店 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/60980064

この記事へのトラックバック一覧です: 篠沢秀夫『フランス三昧』中公新書:

« 橋爪大三郎『世界がわかる宗教社会学入門』筑摩書房 | トップページ | 姜誠『またがりビトのすすめ 「外国人」をやっていると見えること』岩波書店 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック