フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 小松和彦他『日本異界絵巻』ちくま文庫 | トップページ | 四方田犬彦『日本映画史100年』集英社新書 »

2015年2月25日 (水)

中田安彦『ネット世論が日本を滅ぼす』ベスト新書

小室直樹氏は「急性アノミー」・・・エミール・デュルケム

河野談話は「日本に対する戦後補償を要求する中韓の執拗なナショナリズム」を封印するための御礼です。

村山談話・・・これもやはり絶妙な素晴らしい文章です。

そもそも日本は、ポツダム宣言の流れでサンフランシスコ講和条約を結んで、独立を果たしたということになっています。それで国連、つまり第2次世界大戦の連合国の組織に入れてもらっている。これを昔の右翼の人だったら「ヤルタ・ポツダム体制」と言いますが、いまの言葉でサンフランシスコ体制とも言います。

リヴィジョニズム(歴史修正主義ないし現状変更運動)

反知性主義とは、実証性や客観性を軽んじ、自分が理解したいように世界を理解する態度である。

アンタイ・インテレクチュアリズム(反知性主義)・・・リチャード・ホフスタッター

良い動機さえあれば、あとはどうでもいいという考え方が、日本社会には昔からあったと指摘しています。大塩平八郎に代表される、陽明学などで裏づけられている考え方であり、「動機オーライ(「結果オーライ」の逆)」という表現でまとめていますが、この思考法が吉田松蔭にも影響を与えたと、与那覇潤さんは述べています。

言論弾圧をできるのは公権力を持った人間だけだからです。

憲法というのは権力に対する命令です。

エリック・ホッファーの指摘によると、大衆運動が爆発的に拡大する要因は、社会に「自分たちは疎外されている」という感情を持つ人がたくさん出てくることだそうです。変化を求める欲望、自分たちが実際の社会では満たされていないから満たされたいという欲望を埋め合わせるために、大衆運動がある、とするわけです。

M資金・・・山下奉文

コンスピラシーというのは刑法の言葉で「共同謀議」という意味です。

もっと大新聞は世論調査のプロセスを可視化すべきです。

ポジショントーク

米軍の中で海兵隊がどのように扱われているかを知りたければ、『ジャーヘッド』という映画

エコー・チェンバース現象

« 小松和彦他『日本異界絵巻』ちくま文庫 | トップページ | 四方田犬彦『日本映画史100年』集英社新書 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/61190491

この記事へのトラックバック一覧です: 中田安彦『ネット世論が日本を滅ぼす』ベスト新書:

« 小松和彦他『日本異界絵巻』ちくま文庫 | トップページ | 四方田犬彦『日本映画史100年』集英社新書 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック