フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 岡本吏郎『中小企業経営者のための本気で使える経営計画の立て方・見直し方』すばる舎リンケージ | トップページ | 三浦篤『まなざしのレッスン ①西洋伝統絵画』東京大学出版会 »

2015年2月 6日 (金)

網野善彦『歴史と出会う』洋泉社

「所有」という観念は歴史的に否応なしに出てくるものだし、・・・

漁業については、マルクスもほとんど触れていないですね。

ロシアのミール共同体

「旧七帝大」では「国史学科」

『菊と刀』も、アメリカの日本占領に関係した仕事

私は、自分が実証主義者だと思ってるんですよ。

日本地図を逆さまにして見ると・・・

たしかに朝鮮半島を右下に置いてみると、どうしても博多が日本の中心に見えてきます。

アジール(世俗の世界から縁の切れた聖域、自由で、平和な領域)

「百姓一揆」も困窮した農民が一揆を起こしたと考えるのは間違い

士農工商はイデオロギーで、実態ではありません。

中世まで日本列島は「水」だらけだった。

江戸時代・・・・・商業関係の用語はみな在来語でしょう。

日本の近代化が早かったのは奇跡でも何でもない。・・・・・もともと非常に高度な技術を、日本の普通の人、百姓がもっていたから、欧米からきたものをすぐ消化できた。

最初にできた律令国家の制度とそのイメージが、その後に大きな影響を与えた。

けっして主流になろうとするな。

長州力の写真集が出てきたことです。

« 岡本吏郎『中小企業経営者のための本気で使える経営計画の立て方・見直し方』すばる舎リンケージ | トップページ | 三浦篤『まなざしのレッスン ①西洋伝統絵画』東京大学出版会 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 網野善彦『歴史と出会う』洋泉社:

« 岡本吏郎『中小企業経営者のための本気で使える経営計画の立て方・見直し方』すばる舎リンケージ | トップページ | 三浦篤『まなざしのレッスン ①西洋伝統絵画』東京大学出版会 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック