フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

ジョセフ・ボイエット他『経営パワー大全』日本経済新聞社

マイケル・デルは、起業家が犯す最大の過ちの1つは、業界の基本的なビジネスの仕組みを完全に理解しないことだと述べている。

会社を始めたとき自分が最も力を注いだことはなんだと思うか―もっと旨いビールを造るということだ。

他の電話の主たちと同じく、バーブラ・ストライサンドも公開時の価格で株式を購入できるよう「友人および親類」リストに載せてほしかったのだ。

出発が遅れた際、靴下に一番大きな穴が空いている乗客に賞品を与えて楽しませてくれる客室乗務員がいたってよいではないか。

2015年4月26日 (日)

伊丹敬之『経営を見る眼 日々の仕事の意味を知るための経営入門』東洋経済新報社

社長のレベルでの全社の戦略を、企業戦略と呼ぶ。

事業戦略の焦点はその事業での競争にあるので、競争戦略と呼ぶこともある。

企業戦略は事業間の資源配分がカギ、事業戦略は市場対応行動のプランがカギとなる。

競争優位の戦略は、しばしば戦略の焦点(たとえばターゲット市場)の絞り込みと資源の集中を必要とする。・・・ただし、絞り込みには「狭さ」の限界がつきまとう。・・・・・「一兎を徹底して追うものは結果的には二兎を得る」というのが、多くの成功した戦略のパターンになっている。

一つの技術への資源集中によって、さまざまな事業での製品差別化の武器の源泉を手に入れるという効率的な武器のつくり方もある。シャープの液晶技術への集中がその好例である。

清水正之『日本思想全史』ちくま新書

『古事記』が今にまでもつ最大の意味は、神とは何か、という問題と言ってよかろう。

『万葉集』は自然をうたった作品が多い。

弱い者への独特な眼を向けた山上憶良は『貧窮問答歌』などで知られる。

三木清の親鸞への傾斜のように、・・・

2015年4月25日 (土)

五藤万晶『儲かる会社をつくるために 優れた社長は、コンサルタントをどう使うのか?』かんき出版

 「販売が順調」であれば、会社のなかの問題は9割解決といっても言い過ぎではないでしょう。

会社で改革などを行うとき、「何か変わったかも・・・・・・」という感覚を認識してもらうことは非常に重要です。

事業の成長や商売繁盛には、「見えない空気を読む力」の方が断然有益です。

山根節『MBAエグゼクティブズ 戦略、マネジメント・コントロール、会計の総合力』中央経済社

日本の社長は❝代表取締役担当者❞

経営の本質は総合である。英語で❝synthesis❞という。

経営戦略とは、経営理念を実現するためにデザインされた環境との関わり方に関する長期的な基本設計図

マネジメント・コントロールとは、その実行システムとプロセスを設計し、それをリードすること。

日本人は近世以降、価値観を180度転換させた歴史を2回も持っている。それは明治維新と第2次世界大戦の敗北である。

セブンSモデル(マッキンゼーの7S)

新浪

本郷孔洋『本郷孔洋の経営ノート2015 ~3年で勝負が決まる!~』東峰書房

経済学では、インフレは高金利を招くのですが、・・・

企業の理想型は、売上はインフレ、仕入はデフレです。

仕入はモノ、売上はコト(サービス)これがアベノミクスの勝ちパターンです。・・・消費者物価指数(CPI)を分析しますと、物はデフレですが、サービスはデフレになっていません。

弊社は、グローバルに考え、ローカルに行動する

スティーブ・ジョブズを称して「何も作らずすべてを作った」という有名な言葉がありますが、そっくり孫正義社長に当てはまります。

信長は変革期のリーダー、秀吉はまとめのリーダー、そして家康は安定期のリーダーです。

しばしば偉大なリーダーは富士山に例えられます。「遠くから見ているとキレイだが、近くは生々しい」。

山本五十六も、伝達が下手だったといいます。

尾崎哲夫『条文ガイド六法 憲法』自由国民社

第36条 「絶対に」禁じるというのは、他の人権と異なり、「公共の福祉」による制約としての例外も認めない、という意味です。

第97条 本条は、日本国憲法が国の最高法規であることの実質的根拠を示す意味を有するものであると解されています。すなわち、憲法が最高法規であることの形式的根拠は次の第98条1項に示されていますが、・・・

佐藤善信監修『ケースで学ぶケーススタディ』同文舘出版

ポーターの博士論文は、最寄品と非最寄品に分けて、チャネルメンバー間の交渉力がどのような要因によって影響されるのかを産業組織論の理論フレームワークを用いて実証分析したものである。

心理学者のK・アンダース・エリクソンが提唱した「一万時間の理論」という有名な理論がある。

田口聡志『実験制度会計論 未来の会計をデザインする』中央経済社

他の領域の概念や手法を援用するなら、中途半端なことはするな。その領域の人にも本物だと思ってもらえるような研究をしろ(笠井昭次)。

コンバージェンス賛成論の根拠としては、会計基準の比較可能性、および、ネットワークが外部性が挙げられる。ネットワーク外部性とは、同じ行動をとるプレーヤーが増えれば増えるほど、各プレーヤーが便益を得るという現象をいう。

コンバージェンス反対論の根拠としては、基準間競争の必要性が挙げられる。たとえば、Sunder (2002)は、会計基準の質向上のためには、世界の会計基準をIFRSのみに収斂させる独占状態よりも、さまざまな会計基準を競争させたほうが望ましいとして、会計基準のコンバージェンスに懸念を示している。

2015年4月20日 (月)

佐々木一寿『経済学的にありえない。』日本経済新聞出版社

機会費用は、そのときおかれた状況に依存しやすいという理由もあります。

モダンポートフォリオ理論

経済成長が進めば、途上では格差は大きくなるものの、先進国までに達すればなかば自然に縮まるという意見がこれまでは主流の考え方でした(サイモン・クズネッツの「逆U字のグラフ」)。

ただ、最近では、積極的に再分配をしないと格差は縮まらないという説も出てきています(トマ・ピケティ『21世紀の資本』での議論。とくに経済成長によって資本の蓄積が進みつつ経済成長が鈍ると、その格差は広がったままになってしまうようです)。

「経済政策」は「金融政策」と「財政政策」から成り立つ

2015年4月13日 (月)

マイケル・マッツェオ他『道端の経営学 戦略は弱者に学べ』ヴィレッジブックス

マイクの法則

すべての戦略的課題の答えは「場合によりけり」である。

結論1:答えを見つけ出す秘訣は、それが「何によりけり」かを知ることだ。

結論2:課題の答えが「何かによりけり」でなければ、それは戦略的課題ではない。

結論3:戦略とは決して解決しない課題である。

フェイスブックにとって、ネットワーク効果は究極の参入障壁である。フェイスブックという絶対的なリーダーがいる市場に、他のサイトがユーザーを獲得して、新規参入を果たすのは難しい。

経営には一般的な解はない。あるのは特殊解のみだ。

「抽象」とは、あっさり言えば、「ようするにこういうこと」。

優れた経営者は共通して、「ようするにこういうことだ」という論理を豊かに持っている。

2015年4月10日 (金)

植松亮『会計士が教える銘柄選び 業種別の攻略法はこれだ!』日本経済新聞出版社

決算数値は業種ごとにその特徴が大きく異なります。

「経常利益」より「営業利益」と「当期純利益」を重視する

株価は将来の業績を先取りして決まるといわれます。

本業で稼いだ利益であれば、翌期以降もある程度は同様の業績を期待できますが、・・・

最近では「臨時に発生する損益もすべて経営者のコントロール下である」という考え方が広まってきました。

EPSは企業規模に関係なく業績面から株価を分析できる点が優れているといえます。

EPSが順調に伸びているのに株価が低迷している銘柄を発掘できれば、大きなキャピタルゲインを得られる可能性があるといえるでしょう。

BSは左右に分けて考えるのが基本

資産は逆三角形ほど安全性が高い

株主資本と評価・換算差額等を合わせて自己資本といいます。

当期純利益は決算対策次第で数字が大きく変動するため、・・・

自己資本の少なさがROEを高くするケースや、逆に自己資本が充実しすぎているためにROEが低くなるケースがある点には注意が必要です。

株主の立場から投資効率を見るにはROEの方が適していますが、株主以外の債権者や取引先などの立場からすれば、全資産に対する経常的な収益性を示すこのROAの方が適していると考えられます。

成長ステージごとに業績傾向が異なる

半導体業界にはシリコン・サイクルといわれる有名な景気変動のサイクルがあるからです。

2015年4月 9日 (木)

古田土満『掃除 挨拶 計画で会社は儲かる』あさ出版

銀行員でさえ、借入金の返済原資は<利益+減価償却費>だと思っているのですから、・・・

借金を返す原資になるのは、利益ではなく、お金なのです。

ユニクロの柳井社長も言っていました。会長が会社を継いだとき、古参の社員はほとんどが辞めたということです。

「一隅を照らす」は仏教の天台宗に伝わる言葉です。「一隅=あなたがいるその場所」で「照らす=光り輝く」ことで、隣人にも同じ輝きを伝播させていこうという意味です。

PLの数字は全社員でつくるものであり、BSの数字は社長が一人でつくるものである

ダフ・マクドナルド『マッキンゼー 世界の経済・政治・軍事を動かす巨大コンサルティング・ファームの秘密』ダイヤモンド社

マッキンゼーのコンサルタントは、GMが破産したとき、その場にいた。Kマートが大混乱に陥ったときも、その助言者だった。スイス航空を崩壊に導いた。そしてエンロンという爆弾・・・

彼らの手法は、イエズス会やアメリカ海兵隊、カトリック教会になぞらえられてきた。

韓非が、最初のコンサルタントだと言われている。

マッキンゼーが単なる会社(カンパニー)ではなく、「ザ・ファーム」だったことだ。(筆者注:誤字があった、第2刷)

マッキンゼーのカースト制には、醜い一面があった。ニューヨークに勤務していたコンサルタント、ヘンリー・ゴライトリーは同性愛だとわかったときに追放された。そのときゴライトリーのハンプトン・ビーチの家に泊まっていたトルーマン・カポーティは、私生活が明るみに出て「病気休暇」を取らされた彼にちなんで『ティファニーで朝食を』のヒロインに名前をつけた。

戦略は、「軍隊指導者」という意味のギリシャ語のストラテゴスが起源だ。

チェスター・バーナードが述べた、「戦略的要因」という表現だ。

マッキンゼーはやがて「価値の請求」、つまりサービスの対価と考える料金の請求をはじめた。

五〇年前に定められたもう一つの慣習は、決して顧客リストを明らかにしないことだ。

ハワード・ヒューズをはねつけたと語っている。

1971年、マッキンゼーはイギリス植民地である香港の行政調査を依頼された。

彼らが教えるのは、説得力を持つことだ。

「昇進できなければ去れ」と呼ばれているこの無慈悲なシステムは、二〇世紀初めにクラヴァス、スウェイン・アンド・ムーア法律事務所が始めたもので、そのため「クラヴァス・システム」と呼ばれることもある。

コンサルタントは、情報を持ってきて情報を持ち出す。

「ファイブ・フォース分析」、製品、消費者、供給者、競争相手という昔ながらの材料を使った新しい料理法だ。

これが、やがて有名になる「7S」フレームワークだ。

ある医者が一〇〇〇回手術に成功しても、誰もが覚えているのはメスが滑った一回だ。

ケニー・ボーイ

コンサルタントたちは当時のヒューレット・パッカードCEOカーリー・フィオリーナの実益にならないコンパック買収のアドバイザーとして、九〇〇万ドルを得た。この買収は結局フィオリーナに職を失わせ、会社を混乱させることとなった。

中島義道『哲学の教科書 思索のダンディズムを磨く』講談社

加藤尚武が、この日本政治思想史の絶対的権威をコテンコテンにこき下ろし、日本の思想史界・哲学会に大センセーションを呼び起こしました。

加藤の批判の核心は、丸山は旧制高校生程度の紋切型の哲学的知識しかないというものです。

2015年4月 8日 (水)

協和発酵工業㈱『人事屋が書いた経理の本 MGから生まれた戦略会計マニュアル』ソーテック社

貸借対照表は年次決算の女王ではなくて、召使いである・・・

overhead(原価の頭の上にのっている余計者)

「限界」とはニュートンの発明した微積分からきた限界概念である。この場合、「限界」とは「一つふえると・・・・・」ということを意味している。だから、「限界利益」とは売上が一つふえるといくら利益がふえるかを表わす。

0点こそは戦略的な折り返し点なのだ。

ノイッペル

リトルトン会計発達史

中村忠『会計学こぼれ話』白桃書房

財務会計がわからなければ管理会計はわからないし、管理会計がわからなければ財務会計もわからない。

シュマーレンバッハ

ビランツについては私がやってしまったから、もうキミがやることはない。残っているのは会計数値を経営管理に利用する問題だ。

2015年4月 7日 (火)

木村草太『テレビが伝えない憲法の話』PHP新書

憲法9条は、外国に向けた一方的外交宣言としての側面もあるからねえ。

日本国憲法には、国内法典以上の意味がある。

実は、国民主権の原理を表現しているのは、「第一章 天皇」の部分である。

内閣が国会に対し連帯責任を負う制度を、議院内閣制と呼ぶ。

当たり前に見えることをきちんと言語化すること、法的理論として表現することは、とても大事である。

憲法9条の内容は、国際法を理解しないと分からないのである。

ドイツには、基本権保障・連邦制の基本原理の変更を禁じる条項があり・・・

2015年4月 5日 (日)

福田和也『贅沢な読書』光文社

蓮實さんが、中村光夫に・・・・・計算してみるとボヴァリー夫人の借金の増え方が利子とかなんとか含めて勘定に合わないのだけどこれはどういうことかと聞かれて蓮實さんは答えなかったらしいですけれども。

森毅『「数学という文化」』太郎次郎社

高校までに教わる数学というと、大部分が十七世紀ごろに考えられたものである。

いまの日本人だって、朝鮮系とかアイヌ系とかいっても、もうなにがなんだか、・・・

スターリンの民族論は、言語共同体に目をつけた。

渡来人問題やら芸能民問題やらを無視して、「日本人」もあったもんじゃない。

歴史教科書については、中国人の作った日本史教科書や、アメリカ人の作った日本史教科書が、日本の学校で使われるような時代が、早くきてほしいとは思っているが、・・・

江戸文化を支えるもの、たとえば、茶や焼きものばかりか、朱子学や数学も朝鮮渡来なのである。

アイルランド人のスイフトが「ガリバー旅行記」のなかでニュートンを風刺しているのは、・・・

ライプニッツの周辺にいたのは、女王さまやら王女さまやらで、・・・

ライプニッツの哲学はとてもすごいもので、けっしてカントごときによって超えられたとは思われない。

ピアニストには三種類しかいない。ホモのピアニストと、ユダヤ人のピアニストと、ヘタなピアニストだ。

秀吉が千利休を重用したのは、彼らが文化外交を支配していたからで、天下を統一するとそれが不用になった、というのが小松左京の説である。

ノイマンは、テラーやシラードとともに原爆にかかわったので、ハンガリーの三悪人と呼ばれる。

2015年4月 4日 (土)

川北義則『アラン 幸福論』KKロングセラーズ

人がイライラしたり不機嫌なのは、長い間、立ちっ放しでいたせいかもしれない。そんなときは、相手を気遣うより先に、さっさと椅子をすすめることだ。

あくびは、みんなが待ち望んでいる「解散!」の合図のようなもので、いつでもよい徴候である。

思い出というものには、後から起きた事柄も混じっていて、つねに脚色されているものだ。

病人を前にして、悲しんではならない。むしろ、希望を持たせるべきだ。病人に限らず、人が他人にしてあげられるのは、自分の持っている希望を語ることである。

美女にフラれた男は、おばあさんになったその女と二人の生活を想像してみることだ。

本当のことを語るにしても、声を張り上げないほうがいい。そして、真実のなかから、よいことのみを選んでいってやるほうがいい。

2015年4月 1日 (水)

山内昌之『歴史の作法 人間・社会・国家』文藝春秋

肉体と精神を分離したキリスト教の「宗教的神経症」を批判的に洞察したニーチェ

孔子は七十子のともがらのうち、顔回をいちばん評価しましたが、・・・

マルクスの歴史的必然性という「法則」

「詩は史より真実なり」というアリストテレスの定言

ヨーロッパひいては「文明国」中心史観ともいうべき一元主義を疑ったレヴィ=ストロース

「オーラル・ヒストリー」(聞き書きの歴史)といって政治家や経済人の生存中に事件の真偽を確かめて記録につとめる分野も盛んになっています。

藤貞幹

およそ世界史が文明の衝突なしに進んだためしなどないのです。

ネオ・コンサーヴァティヴ(新保守派)

キスワ(カーバ神殿にかける幕)

福沢諭吉、インディアン

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック