フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 中島義道『哲学の教科書 思索のダンディズムを磨く』講談社 | トップページ | 古田土満『掃除 挨拶 計画で会社は儲かる』あさ出版 »

2015年4月 9日 (木)

ダフ・マクドナルド『マッキンゼー 世界の経済・政治・軍事を動かす巨大コンサルティング・ファームの秘密』ダイヤモンド社

マッキンゼーのコンサルタントは、GMが破産したとき、その場にいた。Kマートが大混乱に陥ったときも、その助言者だった。スイス航空を崩壊に導いた。そしてエンロンという爆弾・・・

彼らの手法は、イエズス会やアメリカ海兵隊、カトリック教会になぞらえられてきた。

韓非が、最初のコンサルタントだと言われている。

マッキンゼーが単なる会社(カンパニー)ではなく、「ザ・ファーム」だったことだ。(筆者注:誤字があった、第2刷)

マッキンゼーのカースト制には、醜い一面があった。ニューヨークに勤務していたコンサルタント、ヘンリー・ゴライトリーは同性愛だとわかったときに追放された。そのときゴライトリーのハンプトン・ビーチの家に泊まっていたトルーマン・カポーティは、私生活が明るみに出て「病気休暇」を取らされた彼にちなんで『ティファニーで朝食を』のヒロインに名前をつけた。

戦略は、「軍隊指導者」という意味のギリシャ語のストラテゴスが起源だ。

チェスター・バーナードが述べた、「戦略的要因」という表現だ。

マッキンゼーはやがて「価値の請求」、つまりサービスの対価と考える料金の請求をはじめた。

五〇年前に定められたもう一つの慣習は、決して顧客リストを明らかにしないことだ。

ハワード・ヒューズをはねつけたと語っている。

1971年、マッキンゼーはイギリス植民地である香港の行政調査を依頼された。

彼らが教えるのは、説得力を持つことだ。

「昇進できなければ去れ」と呼ばれているこの無慈悲なシステムは、二〇世紀初めにクラヴァス、スウェイン・アンド・ムーア法律事務所が始めたもので、そのため「クラヴァス・システム」と呼ばれることもある。

コンサルタントは、情報を持ってきて情報を持ち出す。

「ファイブ・フォース分析」、製品、消費者、供給者、競争相手という昔ながらの材料を使った新しい料理法だ。

これが、やがて有名になる「7S」フレームワークだ。

ある医者が一〇〇〇回手術に成功しても、誰もが覚えているのはメスが滑った一回だ。

ケニー・ボーイ

コンサルタントたちは当時のヒューレット・パッカードCEOカーリー・フィオリーナの実益にならないコンパック買収のアドバイザーとして、九〇〇万ドルを得た。この買収は結局フィオリーナに職を失わせ、会社を混乱させることとなった。

« 中島義道『哲学の教科書 思索のダンディズムを磨く』講談社 | トップページ | 古田土満『掃除 挨拶 計画で会社は儲かる』あさ出版 »

コンサルタント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中島義道『哲学の教科書 思索のダンディズムを磨く』講談社 | トップページ | 古田土満『掃除 挨拶 計画で会社は儲かる』あさ出版 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック