フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 本日の映画 | トップページ | 都井清史『業種別エキスパート経営分析』金融財政事情研究会 »

2015年5月29日 (金)

冨山和彦『IGPI流 ビジネスプランニングのリアル・ノウハウ』PHPビジネス新書

IGPIが事業再生計画を作るとき、「どの程度まで利益を確保する必要があるのか?」「改善する必要があるのか?」を最初に算出し、見極めを行なう。1つの目安として捉えていえるのは、借入金に対してEBITDAが5分の1程度の水準だ。

IGPIが業績不振企業に関与する際に、まずこの付加価値(売上-外部調達)の大きさに着目する。付加価値は、言い換えれば、自社内でコントロールできるコスト領域であり、この領域が大きければ大きいほど、業績改善の可能性は高い場合が多い(とくにサービス業や小売業)のである。

エコノミクス分析をするうえで重要な経済効果

  • 規模の経済・不経済
  • 経験(曲線)効果
  • 範囲の経済性
  • 密度の経済性
  • 限界効用逓増性
  • スイッチングコスト

« 本日の映画 | トップページ | 都井清史『業種別エキスパート経営分析』金融財政事情研究会 »

ビジネスツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本日の映画 | トップページ | 都井清史『業種別エキスパート経営分析』金融財政事情研究会 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック